プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHICAGOを観て来ました!

先日はブロードウェーミュージカル「シカゴ」を観て来ました。
ブロードウェーの研ぎ澄まされた役者さんたちを日本で観られるのはありがたい。
舞台の真ん中はオーケストラで、役者と楽団のセッションって感じ。
映画版にはないシーンや唄もあり、衣装や振りはシンプル。
そのぶん役者がゴージャスじゃないと成立しないという舞台。

踊りが静かだった。オールザットジャズ足音一つしなくて、
鍛練された肉体を制御するとこんな風になるのかーと勉強になりました。
アンサンブル陣がどっちを向いてもグッドルッキング、グッドルッキング‥
特に男性陣なんかしなやかな黒豹みたい。
私が観た回はスペシャルマチネでフレッドケイスリー役が大澄賢也さん。すごくよかった!
日本のミュージカル界に賢也さんがいてくれてよかった。
そしてヴェルマは湖月わたるさん!なので客席はわたるさんファンと宝塚友の会会員様多目。(幕間の観客の皆さんの会話や、ヴェルマ登場時の拍手の様子でわかるのです)
ダイナミックだけれどかわいらしいヴェルマでした。
シャーロットのロキシーもすごくかわいらしいので、可愛い悪女コンビでした。
わたるさんの「あたしは捨て身」はロケット風のふりが多くて、独りであの長い脚を何度かあげたあと
「わかるでしょ?これは独りじゃ踊れないの!」
って英語で歌うわたるさんを見て、私の隣の席に座ってた綺麗な女性が感極まって泣いちゃってました。
今回は歌も台詞も全部英語と言うことで、一生懸命トレーニングをつまれたそうです。
いつかわたるさんがブロードウェーに立つ!なんてことになったら素敵ですね。

劇場の構造とか、きちんとした劇場スタッフの皆さんとか、会場に入るまでのゆったり感とかも含めて、色々勉強になりました。
IMG_3104.jpg
スポンサーサイト
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック:

この記事のトラックバック URL

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。