プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

募集について、等

少し前にサイトを少し手直ししました。
気づけば12~3年に渡って書き直していなかった「募集」の欄を現状に即した形に。
あと、他劇団の受け入れが活動のメインといってもいいここ数年なので、そこがわかりやすくなるように
「活動について」というコンテンツも。

数年に一度、くらいの頻度で、「見学希望」「参加したい」等のメールを頂くことがあります。
稽古場に実際に来てくださる方は連絡くださったうちの半数以下、そこから公演までたどり着く方は数人、活動を継続していただける方がひとり出れば御の字、という状況です(他の劇団さんではもっとたくさんいるとは思いますが)。

意外と多いパターンは、こちらから返事を出しても返答が返ってこない方。
添付ファイルで
「自己アピール」
とつけられたことがありますが、
「申し訳ありません。存じ上げない方からの添付ファイルは開かないようにしているので、メール本文に書いて再度送っていただけますか」
と返信したら、もうその後は何もご連絡がない。
こちらは決して拒絶しているわけではないのに、そう受けとられてしまうのかなあ?
あとは
「サイト見ていいなと思いました。よろしくお願いします」
的な方。
サイトを見ていただいたのはありがたいのですが、できればまず最初に、本番を見ていただいて、その上で活動してみたいかどうかを考えていただきたいです。
役者志望の方は、稽古に一二度出席しさえすれば
「これで私は舞台女優!!」
と思ってしまう感じの方も意外といらっしゃいますね。
一番多いのが、
「劇団活動というものをしてみたい。スタッフのお手伝いをしてみたい。」
という方。
作業していただくことは、あるといえばあります。
できればご自分で仕事を作り出していただくかただとありがたいんですけど、そうでない方には劇団が
「その人のために負担の少ない作業を作り出してやっていただく」
というのは、やろうと思えばできます。
ただし、非常に地味で単調な作業が多いことも事実です。
エゴイストらしい地味作業といえば、衣装などへのスパンコールつけ/外しでしょうか。
外すのはまだしも、つける時の糸調子とか、一個一個の間隔をあけるとかあけないとか、布飾りを作るときの色の調子をどうするかとか、そういうのは、やっぱり、エゴイストの舞台をまず見ていただいて、好きになって頂いてからじゃないと難しいと思うし、まだ見たことがない方でも、今後継続して一緒にやってみたい、と思ってくださる方でないと、現状では難しいかなと思っています。

劇団活動は、みんなが忙しい中予定をあわせて集まって稽古して、家に持ち帰って作業して、地味で単調な作業を役者もスタッフも繰り返して、何ヶ月もかかってやっと一つの舞台を作り上げます。
そのとっかかりとして、まずはメールのやり取りを問題なくできる方。
自分の想定した答えが返ってきたわけでなくても、ちゃんとそこに反応して新しい答えなり返事なりを考えて連絡をくださる方。
そこをクリアしていかないと、共同作業は難しいのではないかなあと康子としては思います。

私は、エゴイストを大きな劇団にしたいなんてまったく思ったことがないし、演劇をやりたい、という人がいたらどんどん自分達でやっていってほしい、と思うたちなので、こめぷろや終身雇用など、年下世代が自分たちの集団を立ち上げたのはとても喜ばしいことだと思うし、続いていってくれれば良いなあ、と思っています。

一緒に活動してくれる方、求めてないわけではないですよ。
まあ、ご縁があれば、自然な形で、あせらずに、と思っています。
スポンサーサイト
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック:

この記事のトラックバック URL

 | ホーム |  page top