プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終了しました。

ご報告がおそくなりましたが、劇団エゴイスト第十九回公演「百年は、まだ来ない。」無事終了いたしました。
寒い中たくさんのお客様におこしいただき、ほんとうにありがとうございました。

サイトをちょこちょこ更新しました。
←クリックするとサイトが開きます。

役者さんの手元に渡っていたお客様からのアンケートが、今康子の手元に戻ってきて、今それを見ながらいろいろと反省をしているところです。
エゴイストの課題はやはりなんといっても人材不足でしょう。
今回は「音響のボリュームが高すぎた」というのが最大の反省点でしょうか。
今後アウガでこのようなイベントに参加できる機会があれば、客席にひとりスタッフを置いて、インカムをつけてもらって、「音量が高い」とか「ここは暗転じゃない。すぐに青を入れて」とか、舞台監督の補助的なことを客席から指示を出せる人を配置‥できると‥いいのですが‥それをするためには現状では康子が役者を降りてスタッフに回らなければならなくなってしまうという‥難しいところです。
今後ともエゴイストに関わってくれるメンバーがいれば、自分の役割から一歩ふみだして、芝居全体の流れや気が付いたことをどんどん指摘し合えるような、そんな集まりになっていけるといいなと思います。

市民活動企画展というイベントは、夜開催のイベントの場合、17時に会場入り、そこから仕込んで場当たりをして、ゲネプロをして本番。21時には完全撤収。
というタイムスケジュールでやっているので、その枠組みの中で表現できる音響、照明、舞台。と、限られた部分も多いのですが、小屋づきのスタッフさんたちにも大変よくしてくださり、進行上は滞りなく舞台を終えることができて、まずはほっとしております。
演技に関する反省点は、各役者がそれぞれ持ち帰って、今後に活かしていけたらいいと思います。

何百人も動員できるような人気劇団ならいざ知らず、エゴイストのような弱小貧乏劇団にとって、市民活動企画展というのはアウガのホールで公演が打てる大きなチャンスであり、勉強の場です。
是非、「これから自分も何かを表現したい」と思っている人たちにも、グループを作ってアウガに団体登録して、約300席という大きな客席にもひるまずに、こういったイベントに参加してほしい、と、今回自分が参加してみて強く思いました。
現代はインターネットなどでいろいろな自己表現、情報発信ができる時代ですが、だからこそやはり、生身の体を不特定多数の観客の皆様の前にさらして、いい評価も厳しいご意見も、思いもよらないアクシデントも、全部ライブで体験して自分の体で受けてこそ、役者もスタッフも成長していけるのではないかと思いました。

康子個人としては長いこと体調が思わしくなく、人前に立って公演を打てるのか不安な状態が続き、一時は稽古を半月ほど中止して静養にあてることもありましたが、どうにか無事に終えることが出来てほっとしております。

今回は久しぶりに静かな演目で、好き嫌いの別れる内容だったかも知れませんが、毎回趣向を変えて色々なことをやる。というのがエゴイストの特徴でもあります。
劇団エゴイストとしての次回公演の目処はまだ立っていませんが、文学だったりベリーダンスだったり、わけのわからない歌だったり、今後とも脈絡のない活動をほそぼそと続けていくと思いますので、よろしければ今後ともお付き合いいただければと思います。

ご来場いただいたお客様に心から感謝いたします。

劇団エゴイスト 
代表 高橋康子
DSC_0189_02.jpg
スポンサーサイト
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック:

この記事のトラックバック URL

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。