プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

感想by美樹

【エゴイスト】
IMG_0029_0808_30.jpg

2年ぶりのエゴイスト出演…
テント劇場での公演…
康子さんからお話を頂いた時は
もはや無条件で出演を決めていました。
ソロで踊る曲やオフィーリアのシーンも
自分でやりたいものを選ばせてもらったり
他の役者さんからも意見を言ってもらったり。
"みんなで作り上げる"
という感覚を味わいながら参加できたと思います。
レイナは本当に舞台が好きで、でも皆の前では素直になれない。
私自身も共感できる部分があるので
一生懸命、レイナなりの不器用さで心を開いて
舞台の上で皆と接していました。
稽古中、『役者のフレッシュな一面』について
何度も話題になり話し合ったのですが
今回私なりにレイナをやらせていただいたお陰で
少しだけ新たな私に挑戦できたかな?と思います。
レイナを観て「こんなキャラもやるのか!」と
思ってくれた方が一人でも居たら、
私的にはちょっと嬉しいかな、と。
温かい目で見守って下さったお客様、
ありがとうございました。




【どくんご】
IMG_0064_0808_50.jpg

こちらの観劇も、2年ぶり。
去年は忙しくて見逃し、悔しい思いをしました(泣)
期待を裏切らない、素敵な空間。
外から聞こえる花火や虫の声、
風の流れや人通りまでもが、全て演出になる。
テントならではの空間と緊張感、そして役者の息づかい。
『同じ釜の飯を食ってるのに、
仲が悪くなる道理が何処にある?』
という言葉を漫画で読んだけれど、
どくんごの皆さんを見ているとそれを強く感じる。
何ヵ月も一緒に旅をして
皆でテントの共同生活、
ご飯も自炊して一緒に食べて
皆で同じ舞台を作る。
何年も同じ劇団で芝居をしている人たちとは違う、
同じ釜で生活しているからこその独特の息の合い方。
それはどくんごの魅力を更に光らせる要素の一つなのかもしれない。
個人的には、サンチョさんと五月さんの逆立ちと
2Bさんのお掃除がツボでした。
と言うか、どのシーンも役者さんの個性と表現力が炸裂してて
あっという間に芝居が終わってしまった感じでした。
IMG_0075_0828_50.jpg

……最近、仕事やら何やらで色々考えたり
悩むことが多かったけれど、お芝居を観てる間に
ほっこりと心が暖かくなっている自分に気づいた。
これを観なかった人は本当に、損してるなぁ。
こんな素敵な世界があって、それに触れることができた。
そんな小さな優越感と
明日からまた頑張っていこうという気持ちで
帰路に着いて、私の夏は終わりました。
いま私の部屋では、今年の夏の名残として
どくんごのBBさんがユラユラしています。


---美樹。
スポンサーサイト
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック:

この記事のトラックバック URL

 | ホーム |  page top