プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々少しずつ。

次回公演「花柊 束の間に 一人芝居のための習作」、日々稽古しております。
IMG_8989up.jpg

今回は一人芝居ということで、久しぶりに一時間ひとりきりの舞台です。
一人芝居とはいっても、劇団のメンバーと色々話し合ったり、一緒に稽古して作っていくのはもちろん、劇団の外の方にもご尽力いただいたり、いろいろな事を勉強させていただいたりしながら、少しずつ少しずつ、明日は昨日より薄皮一枚分精進できるようにと思っています。
今回の芝居は、康子が高校時代からずっとお世話になっている篠崎淳之介先生に書きおろしていただきました。
現代の日本(といっても、おそらくは2011年より少し前の「現代」です)、康子は「山岡柊子(やまおかしゅうこ)」というおそらくは30代の女性を演じます。今風の言葉で言えば「ツンデレ」系の、とても可愛いひとです。刺があるようでいて、中身はとても弱くて傷つきやすくて、愛されたいと願っている。でも愛する人の胸に素直に飛び込んでいけない。そんな女性を、なんと今回はドレスでもベリーダンスの衣装でもなく、Tシャツとパーカーで!演じる予定です。普段のエゴイストの舞台が「ハレ」なら、今回は「ケ」。すっぴんで少し疲れた女性からふと立ちのぼるそこはかとない魅力…がなんとか出ればいいのですが。

今回は一人芝居ということで、一人の作業が多いので、ついブログもおろそかになりがちなのですが、公演もいよいよ来月に迫ってきましたので、これからはちょこちょこ更新できたらな、と思っています。
とても素敵な脚本で、とてもエゴイストらしい、康子らしい舞台に仕上がると思いますので、是非ご来場ください。
IMG_4952_30.jpg

本番は2011年8月18日(木)夜7時から
青森市・合浦公園ステージ前広場特設テント会場です。
公園正面口から入り、公園中央の東屋を右に折れると、公園東口の手前、左側に、あやしげで不思議なテント劇場が建っています。そこが会場です。
入場料は一般1000円、中高校生が500円です。
7時からエゴイストの舞台(1時間程度)、休憩をはさんで8時30分ごろから、康子とともに劇団どくんごの受け入れを担当している千葉タカヤ氏率いる超・個性派バンド「コスモス」のライブがございます。
エゴイストとはまた違った意味で、異次元空間へと誘う独特の世界観を持ったバンドで、エゴイストは昨年10月の実験朗読会「皮膜のポエジー」でご一緒させていただきました。ぶっとんだ歌詞、独特すぎるたたずまい、そして不思議に心地よいサウンドをお楽しみください。
スポンサーサイト
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック:

この記事のトラックバック URL

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。