プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

4/21稽古

前回の稽古から少し日がたってしまいましたが、おけいこの様子です。
その場の立ち位置から移動せずに「そこ」で動いてみる練習。
元ネタにあやかって、便宜上「ロンリーウーマン」と呼んでみたりみなかったり。
・「何をどう動けばいいかわからない」という役者には、
たとえば、想像上のボールのようなものを使って、それをなげたり転がしたりしてみてはどうか。
・そこそこ動けるけど次はどうしたら、という役者には、
「空間の空気感」を自分でどうコントロールするか、というところを考えてはどうか。
・がんばってしまう役者には、頑張るのはいいことだが、次は舞台上に「ゆるっと」居る。ということも探ってみては。というような話をしました。舞台上にゆるっといられる、というのは、役者にとってはかなり重要なスキルだと考えます。
少し五七五、あるいは短歌をやったり、役者たちに詩の朗読をしてもらってりして、各役者の特性を探っているところ。
写真のとおり、今は稽古場にたくさんの人がいて、和やかにやってます。
と同時に、そろそろ、ワークショップ的、レク的な稽古から、作品の中身に即直結する「稽古」そのものをやっていきたいところ。
もう少しで、そのとっかかりを見出せるような気もしていますので、まあ、楽しんでやっていきたいです。

それでは、お稽古に参加してくれた、浪速ちゃんのコメントです。


お久しぶり!浪速です☆

前回の練習では前回同様ロンリーウーマンやりました(^^)v

康子さんのアドバイスしてもらったように「舞台上でぼんやり」って難しいけどかなり重要だな↑って思いました☆

主役が目立ってるときの脇役(エキストラ)の動きっていかに主役を引き立てた動きをするか重要なんですね。
目立ちすぎちゃダメだしかといって存在感なさすぎってのも…まさにぼんやり
研究必要ですね。

10042501.jpg
スポンサーサイト
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック:

この記事のトラックバック URL

 | ホーム |  page top