プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

公演を終えて/あさみ

「月蝕」を振り返って、書きたい人がコメントを書くシリーズ。
今回はあさみさんです。
BBBでの「北へ!北斗が!」での康子との出会い以降、エゴイストの稽古でもいろいろな台本を読んでみたりしてましたが、2年弱のそんな期間を経て、やっとエゴイストの舞台に立っていただくことが出来ました。
BBBの「はっ」「カチカチ山」などでも中心的な役割を演じる事が多くなり、「即戦力」であることを求められている彼女。
今回の「月蝕」では、
「エゴイストについに現れた2番手娘役スター!」
という感じで、とにかく舞台の色々な部分を担ってもらいました。
やはりいちばんシンボリックなのは康子演じる「赤い人」との睨み合いのシーンでしょうか。
ひとり舞台の多いエゴイストですが、
康子が若手に倒される、というシーンを安心して演じられる、というのは一種独特の感慨めいたものが無きにしも非ず。
呼吸と勘がいいので、こちらも安心してアドリブで動けました。
つけまつげもすっかりつけこなし、今後が楽しみな、頼もしい存在です。
稽古でつけていた髪飾りは、脱落が恐いとのことで、本番はつけなかったので、皆様にはお写真のみでのお披露目です。
舞台以外では、サーフィンにスノーボードに陶芸にと、いろいろなことに挑戦する大変アクティブなお嬢さんです。

10021404.jpg
それでは、あさみさんのコメントをどうぞ。

10021405.jpg
 ポーズをとる、姿勢、表情…どうすれば良く見えるんだろうか、変じゃないかと悩むことは多々ありました。台詞やダンスのステップばかりに気をとられて顔が怖かったり、指先に力が入っていなかったり、ふらふら歩いたり、意識していくところもたくさんありました。でも、出てくる不安や疑問は稽古で聞いてもらうことができます。帰宅してから出てくるこれはあれはも、次回稽古時に聞いてもらことで解消。疑問・解消、疑問・解消…その繰り返しがすごくうれしかったです。
 あっという間に公演は終わってしまいました。長いスカートで高笑いすることが今後ないだろうと思うと、ちょっとさみしいです。
10021406.jpg
いやいや、あさみさん、貴方が望みさえすれば、またいくらでも長いスカート振り回して、高笑いしてもらいますよ!
スポンサーサイト
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック:

この記事のトラックバック URL

 | ホーム |  page top