プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

寺山関連。

現在、青森県立美術館では寺山修司展開催中。
ということで、成田本店しんまち店でも、お店の入り口付近で寺山特集やってます。
私はそこで「天井桟敷の歌姫」蘭妖子さんの「寺山没後20周年アルバム」サマータイムと、今さっき1983年収録のビデオ「毛皮のマリー」買いました。
もちろんマリー役は美輪さんです。
毛皮のマリーのビデオは、ネットで検索してみたのですが、現在は入手困難な貴重な品物のようです。
お値段は4900円。
まだまだビデオデッキ現役!で寺山ファン、美輪さんファンの方は是非いかがでしょうか。今晩これから観ます。とりあえず店頭にはあと2本並んでいます。
蘭さんのアルバム「サマータイム」もよかったです。聴きこむほどに味わいが出て。
没後10年の時に出たアルバム「惜春鳥」(せきしゅんちょう)もすごく良いですよ。今日行ったら数日前から2枚売れて、残り一枚になってました。惜春鳥は「田園に死す」に使われていた歌とか、たしかレミングの曲だったかしら?「世界の涯てまで連れてって」など、名曲ぞろいです!興味のある方は急いで!買って損なし。

昔、青森では5月になると「寺山修司祭」というのをやってまして、私も少しだけだびよん劇場でお手伝いをさせていただいたり、想い出があります。
没後10年祭の時、蘭さんが五拾いち番館でライブをしてくださいまして、そのとき私は長内真理先生のダンスに出していただいてオープニングアクトをつとめさせていただきました。
打ち上げで蘭さんはとてもやさしく声をかけてくださいまして…。懐かしい思い出です。あれから15年経つわけかあ。遠い目。

スポンサーサイト
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック:

この記事のトラックバック URL

 | ホーム |  page top