プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

千秋楽ポロリ事件!の巻

本番、っていうのは本当に何が起こるかわかりません。
同じように稽古して、同じようにゲネプロして、同じように本番…しているつもりでも、何か不慮の出来事、というものが起こったりしてしまうものです。
いくら練習していても、本番の時間、本番の導線、本番の手順、本番の精神状態…など、色々な要素がからみあって、「なにか」が起こりやすくなるのかもしれませんね。

土曜日の夜公演。
いわゆる「千秋楽」ですね、
トラブルが発生しました。

一場から二場にいく間、私は衣装替えです。
と言ってもコートを脱いで小物をつけたし、その公演ではアップにしていた髪をおろす、程度のものだったのですが、支度をしていると右の肩から

ぶちっ

という異音が…。

えっ、と見ると

衣装のチェーンが見事に外れ、布地がぶらーんぶらーんと遊んでいる…。
衣装の下には同色のベアトップを着ているので裸にこそなりませんが、衣装の右サイドは完全に脱落し、とてもそのまま舞台には出られません。もちろん衣装の替えはありません。
どうしよう、コートを羽織って一場と同じ格好で出ようか。
でもそうなると今まで準備してきたことがすべて台無し…。
などとさまざまなことを考えつつ、舞台裏にいた相方役のけんちゃんに
「けんちゃん、どうしよう、チェーンが外れちゃった!」
って言ったら、けんちゃんは工具箱の中からペンチを取り出して、無言で衣装を直してくれ、

何事もなかったように出とちらずにすみました!!

いやー頼りになる男の子っていいね!
んで、打ち上げで、そのことをありがとうね頼りになるねって改めていうと
「いやあ、D町さんがあそこで[ペンチ]って言ってくれたからですよ」
って手柄をひとりじめせず、他の人への気配りを忘れない、心やさしいけんちゃんなのであった。

08030903.jpg


そんなふたりのラブラブ写真。
けんちゃんは稽古がえりの居酒屋で諸先輩たちに
「もっと普段から麻里の隣に座ったりしてラブラブしないと!」
とご指南を受けていたらしいのだが、先輩がたの知らないところでちゃっかり仲良くしていた私たちなのだった。
スポンサーサイト
Next |  Back

ケンさんファン

いや~、良かったですね。まさかあのガッチリしたチェーンのかみ合わせから布が抜けるなんて、想像できませんでした!ケンさん、好きになるかも~!!…彼は年上キラー?

2008/04/06(日) 01:14:42 |URL | [ 編集]

康子

ケンさんファンの方だ!いらっしゃいませ!
本当に、魔物さんはあの手この手でせめて来るんだなーと思いましたよ。
役者もちゃんとスタッフワークをお手伝いして、どこにどんな工具があるか、どう対処すればどう乗り切れるのか、ちゃんと考えておくべきだなーって思いました。
私はここんとこ、年下の男の子と仲良くする機会ってあまりなかったんだけど、年下でも頼れる人って素敵☆っていうか人の良さは年齢でははかれないから年齢で判断するのは愚かなことだなって言うか…。だから別に年上の方でも結構ですよ♪って聞いてませんよねそうですね。

2008/04/06(日) 07:36:54 |URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック:

この記事のトラックバック URL

 | ホーム |  page top