第14回公演終了しました。

エゴイスト第14回公演「白い太陽」
無事終了いたしました。
よその劇団などに客演して弘前や東京で公演…というのはありましたが、
「エゴイスト」として、青森市を離れて公演するのは初めての経験で、
お客様、来てくださるのかしら?
まあ、たとえ2、3人でも、来てくださればそれで…
なんて気弱に考えていたのですが、開場の十九時半より前からお客様が続々集まってくださり、
おかげさまで盛況のうちに幕を降ろすことが出来ました。
十和田の劇団関係の皆様、人形作家の奈里多究星さんなど、個性あふれる客席は、
開場時、ちょっとしたサロンのようでもあり、
さざめく皆さんの声をひとり楽屋にて聞いておりました。

今回の「白い太陽」は5年前にスペースB.O.Pにて行われた
「ワンス・アポン・ア・タイム」を再構築し、ひとり舞台用につくりなおしたものです。
初演時はこの演目の持つ「爆発力」というようなものを、すべて歌担当のローズマリー美奈子嬢にお任せ状態だったので、
いかにして自分ひとりでその力強さをだすか、というのが大きな課題でした。
助演出のカブさんいわく
「本番が一番落着いて、いい出来だったんじゃない?」
とのこと。私もそう思います。
この演目は非常にライブ感が高いので、お客様の反応をダイレクトに受けながら
「こっちがわのお客様はしっかり反応してくれてるから、反対側のお客様にアピールしよう」
とか、
「おら家」の発音を「おらえ」じゃなく「おらぃえ」でやってみよう
とか、その場その場で客席の雰囲気を感じながら演じているので、稽古場でただ淡々とやっていても、なんとも出来がはかりかねる演目でありました。

エゴイストには珍しく、「観客、失笑」という感じの、久々に笑い声のする公演です。
エゴイストのレパートリーとして持っておいて、機会があればさらにパワーアップして青森でも公演を打てたらなあ、と考えています。
「エゴイスト?どうせ耽美系でしょ」
と思ってらっしゃる方にも観ていただきたいし、今回はじめてエゴイストをご覧になった方には、是非、これからもご贔屓にしていただけるよう、精進したいと思います。

おかげさまで、成功のうちに無事終了いたしました。
今回の成功は、マスターとまっつくんとお仲間と、スタッフの憲君とお客様のおかげです。
ありがとうございました。愛と感謝を送ります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

愛と感謝ありがとうございます

本番、お疲れさまでした♂ありがとうございました。みなさまのおかげをもちまして、マスターから「合格」のお言葉をいただけました(^-^)呼んだ当方としてはうれしいかぎりです。
また、機会があれば『ハミングバード』にて公演を行なっていただければ幸いです。
また、他の青森市や八戸市、来ていただけるなら弘前からでも公演していただければうれしいかぎりです。
まだまだ夢ですかな(^o^;

まずはわたくしも頑張ってよい舞台を作っていきたいと思います。

ハミバ公演、本当にありがとうございました。
m(__)m

おかげさまで助かりました。いろいろありがとう。
市文に向けて、倒れないように適度にがんばってねー。
多分いけると思いますー。