プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔物。

よく、

舞台の上には魔物が居る。

とか言うじゃないですか。
私は今まで、そういうのを聞いても、
「ふーん、そうなんだ」
くらいで特に気にもとめていなかったのですが、
今回の舞台は、とにかく魔物さんなのかなんなのか、ずーっといらっしゃいました。
といっても、お化けとか何とかではないですよ。そもそも私は「見えたり聞こえたり」しませんし。
なんていうのかな、台詞をただ暗誦してそらんじているときはスムーズにいえるのに、いざ舞台に立って、さてゲネプロ(本番同様に行うリハーサルのことです)となると、その魔物さんは姿も見せず、私から台詞や集中力を食べていくのです!
台詞を食べるのはなんとなくイメージできますよね。
今まで、何にも間違えずに出来たところをぱくっと食べられちゃって、そこのところが空白になっちゃうんです!!
集中力を食べられちゃうと、今舞台で演じているのに、

晩御飯食べ損ねちゃった
とか
昨日のバラエティーでマチャミがとってた変なポーず
とか
今日夢でタモリ倶楽部の司会が「タモリの真似をするお笑い芸人が持ち回りでやる」というシステムに変わっていてショックだった。第一回の司会はナイナイの矢部で、それが似ていたので感心した。
とか、
何で今それを脳裏がよぎるのさ!ということが後から後から押し寄せてきて、金曜日のゲネプロでは、苦行のような時間を過ごしました。
何回も劇場で舞台組んで練習したのに、
本番用の照明付けて、
さあ明日本番!
っていう段にならないと、魔物さんは現れないのです。
だからその魔物さんを手なずけ、なんとかやっていかないと、舞台に立ちつづけることは大変な苦行なんだな、ということを学びました。

自分の今後の課題としては、
常にリラックスして舞台に臨むこと。
私、ちょこちょこ書いていますが、
かなりのあがり症なんです。
したら受付やってくれたなりちゃん(9月BBBにご出演です)に
「いい役者はあがるものなんだってよ!」とフォローしてもらい、←俺にはこんな気の効いたフォローはできん。N村さんには
「越路吹雪も、すごい緊張する人だったんだってよ」
と励ましてもらいました☆
お陰で本番では、多少台詞をかんだり、言い間違ったりはしたけれど、まあ、致命的なひどい大失敗はなかったので、良かったのかな、と思っています。
多分最大の失敗は、
泣いてあげることさえ出来なかった
というのが話の核になっているのちの雛で、泣いてしまった事です。
私因果な体をしていて、
自分は悲しくも何ともないのに、
台詞の言霊やら、お客さんの想念やら吸っちゃって、勝手に涙が出てきやすい体質なんですよね(といって、「じゃあ今泣いて」と言われると泣けないのです。だから映画女優さんはつくづくすごいと思います)。前玉三郎さんと淡谷のり子先生が「泣くのは演者ではなくてあくまでもお客様」ということを対談していて、私もいつかそんな風になれたらなあ、と思います。

あとは、リラックスをしつつ、決して舞台をなめないこと。
そして、以前毬谷友子さんがおっしゃっていたのですが、
「お客様に対して、(なんだばかやろー)、なんて思いながら舞台に上がってはだめ、愛してる、愛してる…って思って立たなければ」ということ。

さて、今日からは残務整理です。
大まかに言うと、各種のお片づけと、プレイガイド精算、などです。
いいかんじにやりたいと思います。

今後ともエゴイストをよろしくお願いいたします。

07062504.jpg

スポンサーサイト
Next |  Back

作者ですが

公演、おつかれさまでした。

「泣いてあげることさえできなかった」当時の「私」を、今(語りの時点)の私が回想して泣いている、ということもありうるので、それはそれでいいんじゃないかなあ、と作者としては思いますです。

何はともあれ、読んでくれてありがとう。メリーちゃんのために泣いてくれてありがとう。
そして、聞いて下さったたくさんのお客様、ほんとうにありがとうございました。

2007/06/25(月) 22:18:44 |URL | [ 編集]

康子

お疲れ様でした!
やべ、作者様のコメント読んでたらまた泣いたぜ。
なんかこう、恐れ多いことではなりますが、私の体を通して、「私=おばあちゃん」の立場の人たちの念とか、メリーちゃんの仲間たちの念とか、そういうものが、泣くことのできる体を今は持たないので、私の体がかわりに泣いた、という可能性はあるまいか、とさえ思いました。
一緒に打ち上げできないのが残念ですね。これからも末永くよろしくです!

2007/06/25(月) 22:31:53 |URL | [ 編集]

康子

↑上記のようなことを考えながら日曜は演じていたので、あえて、涙が出るにまかせてみました。
したらN村に
「泣きすぎておばあちゃんだかなんだかわかんなくなっちゃったね」
と終演後言われました。
そんなクールなN村が好きです☆

2007/06/25(月) 22:37:50 |URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック:

この記事のトラックバック URL

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。