プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この週末

金曜日→かぶさん、n村さんと3人で支木さんの公演へ。
前から2列目に座ったら伊藤さんに舞台上から話し掛けられてびびる。
今回の公演は、特に、平山さんの熱演にびっくりしました。
「あの若くてかわいいミキティーが、婆の役?」
と思いましたが、素晴らしかったです!

土曜日、日曜日はひとりで稽古場にこもって、ひたすら台詞。
07061001.jpg


070601002.jpg


色々読んでいると、
「もしかしたらこの台詞は、○○という意味ではなく、××というニュアンスが含まれているのかもしれない」とか、新たな発見があったりするものです。
こういうのは、ただ黙読しているだけではわからないものなのですよね。
「型」から離れて、自由に読んでみると、思いがけない化学反応があったりして、この作品って、こういう風にも演じられるんだ…となることもあります。
んで、その「化学変化したもの」を「技化」して定着できないかなと思ったんですが、まだそこまではちょっといまの自分には難しかったようです。

台詞は…そうだなあ、だいたい、なんとか、なったんじゃないかな?これをうまいこと定着させることができれば…

業務連絡です。
土曜日の回にいらっしゃるお客さまの方が多いようです。
土曜日、日曜日、どちらでも空いている、という方は、日曜日の方がゆったりとご覧いただける気配です。
スポンサーサイト
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック:

この記事のトラックバック URL

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。