プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

ひとりべんきょう。

きのうは演出と役者とで(つまりは私ひとりで、ということですが)稽古場にこもって、ひたすら台詞をやりました。
7060601.jpg


自宅じゃなくて、余計なもののない稽古場で、ひたすら台詞と向き合う、と
いうのは集中できてなかなか良かったです。
そういえば、私が今まで一番台詞の多い芝居をしたのは多分「Dizzy MOON」だったと思うのですが、あれをやっていた頃は毎日会場に通って、何時間も練習させてもらえたものなあ。家の中でやるより、やはり稽古場のほうがはかどりますね。

普段私はほとんどすっぴんでいるのですが、稽古のある時は出来るだけメイクをするようにして、このファンデーションだと崩れるとか乾燥するとか、赤いグロスをつけると髪の毛がひっかかって余計なところについちゃうとか、色々なことを調べるようにしています。

ふと気づいて、備え付けのざぶとんを並べて、お客さんが座ってくださっているような気持ちでやりました。
07060603.jpg


客席を作って練習することによって、こっちに目線をやるとここに座ってるお客様を凝視しちゃうから、ちょっとこっちに視線をずらそうとか、これまた色々な事がわかります。

自分の台詞の弱いところが大体わかってきたので、そこを強化すれば、だいぶなんとかなるんじゃないかな…なんとかなるといいな。
07060604.jpg


それからこの日は、大切な作業をやりました。
ズバリ、灯りの手配です!
旗揚げから、創芸企画の飯田さんにお世話になっています。自分たちでやることもありますが、同じ500ワットのあかりでも、やはり舞台は舞台用の照明がきれいで劇的効果も高いのです。
灯りの仕込みの日も決まり、あとは装置を作って、縫い物して、演技をつめて…といった感じです。

プレイガイドに行く時間がない!という方は、是非、メールにてご予約くださいね。
スポンサーサイト
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック:

この記事のトラックバック URL

 | ホーム |  page top