表紙。

次回公演の候補作品に、表紙を付けて見ました。
ぐっと台本らしく見える…。
おかげで、ひとつの作品として、ぐっと具体的に、ヴィジョンが見えてきたような気がします。

齋藤孝先生の著書など読みつつ、頭がいいとはどういうことかを学んでいます。
文章を書いたり演出したり、という事に生かしていけると思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント