プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社交ダンスのすすめ。

ご存知の方も多いかとは思いますが、私とカブさんは数年前から社交ダンスを習っています。
私たちは青森市内の社交ダンス教室、ダンススタジオ小林に通っています。

習いだしたきっかけというのが、97年の「ラビリンス」公演のとき、原作者から「幕開きにタンゴを踊ってほしい」という一言でした。
その時私と、ラビリンスに出演してくれたyokoちゃんと二人で習い始め、「これはいい」という事でカブさんも引っ張り込んで現在は二人でカップルを組んで競技会にも出場するようになりました。
社交ダンスにはメリットがたくさんあって、
・心肺機能が向上して体力がつく
・汗をかいて循環が良くなるのでお肌に良い
・風邪をひきにくくなったり、病気しにくい体になる
・痩せすぎの人には程よい筋肉がつき、ふとリ気味の人は適度に引きしまる
・男性はアステアのような燕尾服を、女性はお姫様のようなドレスを着られる
・踊っているとストレスも解消するし少々の体調不良は吹っ飛ぶ。
・何より踊っているのは楽しい
・社交ダンスは体がかたくても無問題!「歩く」のが基本のダンスなので怪我もよほどの事がなければしませんし、むしろ足腰のリハビリとして踊っている方もいる
などなど、いくらでもあげられます。

私が個人的に興味深かったのは、
「自分を一旦型にはめてみることで、そこから『個性』を発揮する」
ということです。
社交ダンスには決まった姿勢、決まった形、というものがあり、それらを日々レッスンするわけですが、同じように踊っても誰一人として同じにはならない。「くせ」と「個性」というのは別なもので、「個性」というのは「型」の中にあってもなお発揮されるものであるから個性なのだということに気づきました。
容姿容貌、年齢もその一つですし、スピードに重きをおくか、ボディの一体感か、わが道を行くファッションで攻めるのか…
そういった事柄を、芝居以外の分野で勉強して、それを自分の作品に反映させることが出来る、というのはありがたいことだと思うようになりました。

エゴイストには現実離れした作品も多いので、ちょっと2、3歩歩いて手を挙げる、とか、そんな簡単な動きにも、いや、簡単な動きだからこそ大事にしたいという思いがあって、踊りをやらないよりはやった方が、エゴイストの場合は断然芝居の可動域が広がるな、という感じがします。

昨今はテレビでも芸能人の方が毎週の様に社交ダンスを踊る番組があり、色々な世代の方が社交ダンスに興味を持ってくださっているようです。
青森でも、社交ダンス熱がもっともっと広がって、老いも若きも踊る人が増えたら、とっても嬉しいなと思います。
スポンサーサイト
Next |  Back

あるま次郎

はじめまして。
カキコミさせていただきます。
今年から社交ダンス(まだ1回だけですが・・)
始めて、そのブログ書いてる者です。
すすめられて成り行きで始めて、何も知らない
状態でしたので、このメリットは
大変参考になりました。
ありがとうございました!

2007/01/18(木) 18:15:36 |URL | [ 編集]

管理人

あるま次郎様
コメントありがとうございます!
無理せず、ご自分のペースでコツコツ続けることが長続きの秘訣だと思います。
社交ダンスは続ければ続けるほど楽しくなってきますよ。お互いがんばりましょうね。

2007/01/18(木) 20:28:09 |URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック:

この記事のトラックバック URL

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。