プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年の終わりに。

なんだかそんな気もしませんが、一年ももうすぐ終わりですね。
今年の劇団エゴイストは、蓋をあけてみれば例年になく精力的な年となりました。

1月「百年は、また来ない」でアウガの市民活動企画展に参加
01DSC_0211_50.jpg

6月野外劇団楽市楽座「はだかの王様」ゲスト。7月まで受け入れ。
あれー。写真が曲がっちゃいますね。最近のアップローダーは親切すぎて逆に不便です。少しずつ慣れていきますね。今日のところはご容赦を。

02DSC_0016.jpg

7月 劇団どくんごいらっしゃいパーティー(仙台市錦町公園)に参加。仙台の劇団「和風レトロ」に客演。
03IMG_6598.jpg

8月 劇団どくんご「君の名は」青森公演にゲスト参加。タンバリンとソロダンス。
↓演出のどいのさんと。
05IMG_8553.jpg
どくんごの舞台に立てたのにいまいち感慨とかが沸いてこないというのは、多分「これからもやることだから」という意味で、自分が感動していても始まらないので、今後も粛々と果たせる役割を果たしていきたいと思っています。


201308200195.jpg

そして9月からは地元のロックバー、まんぶるずさまに声をかけていただき、9月、11月、12月と、ライブに出演させていただきました。
今のところは「音楽に合わせて何かを朗読する」というスタイルですが、来年からはひとり芝居だったり、出来る範囲でいろいろなことをやっていきたいと思っています。
06MVI_0022MOV_000745778.jpg

「本公演はやらないんですか?」とのお声もたまに頂くのですが、今しばらくは、武者修行的に、ひとりでコツコツライブ活動をしつつ、旅劇団を受け入れつつ。というスタイルていくのかなと思っております。

とりわけ大きな出来事としては今年後半の、まんぶるずと私の接近ぶりでしょうか。
舞台人にとって「劇場」というのは不可欠なものでありますが、「場所」って、ただあればいい、人数を収容できればいい。演技が出来ればいい。というのではなくて、そこに「集まるひと」だったり、そこを「運営している人」だったりがかもし出す空気、考え方、目に見えるものも見えないものも含めて、それらを混ぜ合わせながらお互いが少しずつ向上していく、というのが非常に美しい形だと思います。そしてまんぶるずは今実に精力的に、多彩なステージを展開している。
お店の人たちともすごく気が合って、感受性の方向や価値感などに共通するところも多くありそうで、こんな近いところに私の青い鳥はいたんだなという今日この頃です。

楽器も出来ず歌えるわけでもない自分がライブに出ることによって、
「こういう表現もあるのか」
「こういうスタイルなら、自分ももしかしたら舞台に立てるかもしれない」
と思ってくれる人が少しでも増えてくれるとうれしいです。

何年もエゴイストに出てくれた更紗も「こめぷろ」というユニットを立ち上げ、無事に旗揚げも終わりました。
てのひらの星に出てくれた瞳ちゃん、マサキくん、他劇団で共演した憲くんら仲間6人も「演劇ユニット 終身雇用」を立ち上げ。今旗揚げに向けてお稽古しています。
終身雇用はもともと、私が瞳ちゃんに「楽市楽座でなにかしてみない?」と声をかけ、そして仲間同志が集まって結成されたグループということもあり、いいことも悪いことも乗り越えてみんなで絆を深めていくいいチームになってくれるといいなと期待しております。

来年の予定はまた別記事で書きますね。

今年も一年、ありがとうございました!

ひとり活動になっても、別に劇団エゴイストは劇団エゴイストです。
逆に昔に戻るだけなので、オールドファンには懐かしい演目もとりあげていくかも?

来年もよろしくお願いいたします。

劇団エゴイスト 
代表 
高橋康子
スポンサーサイト
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。