プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「太陽がいっぱい」感想 by 更紗

※更紗は今回、「太陽がいっぱい」二日目に、まほちゃんと一緒にサプライズ出演していました。ポンポン振って去っていくところ。二日目のレポートは、そのあたりもお含め置きの上お読みください※



『太陽がいっぱい』1日目

私には生活も性格も好みもまるで違うのに、たまに妙に共感しあう友人、N子がいる。

そんなN子とテントに入ると、前日とは雰囲気がガラリと変わって、舞台上に笑う太陽の顔、万国旗、お店、物販紹介を流してるラジカセに楽器に、スゴロクしてる初めて見る役者さん。
どうしようもなくドキドキする。
ちらりと隣を見れば、N子もワクワクしてるみたいで、嬉しくなった。

役者さんが楽器を持つ、それだけで空気が変わる気がする。
知らない曲、知らない歌…でも心地良い。

6人で、立って、しゃがんで、動いて、囁いたり、話したり…。

順を追って思い出してみるけど…好きなシーンが有りすぎて、言葉を上手くまとめられないくらいだ。

みちこさんのスラリとした手足がしなやかに動いているのが、すごくセクシーで好き。
IMG_0117_mi_ribon.jpg

裕子さんのパワフルな動きとビリビリと胸にくる声、シーソーに乗ってる時の足の色っぽい感じが好き。
IMG_0097_uchi.jpg

五月さんの背景幕の間から頭だけ出してるお茶目さと、ダンス中に言う「いいんだよ」の響きが好き。
IMG_0074_uka.jpg

サンチョさんの空気がふわふわする喋り方、和むのにじわじわくる動きが好き。
IMG_0092_san.jpg

2Bさんの表情や声、キラキラの靴下、ステップを踏むシルエットが好き。
IMG_0093_2b.jpg

どいのさんのヤギの鳴き声が頭から離れないし、シーソーに乗ってる時の表情が好き。
IMG_0111_seesoo.jpg


瞬く間に時間は過ぎて、それでもドキドキが止まらない。
書ききれないくらいの好きな所を、N子と帰りながら話した。
好きの感覚を共有してくれて、それが嬉しくて、舞台を観る事の楽しさがグッと増した気がした。
明日、また観に行こう。そう思ったら明日になるのが待ち遠しくて仕方なかった。


『太陽がいっぱい』2日目

テントに入った瞬間、受付前から、1日目の事を思い出してにやけるのが止まらなかった。
旦那さんに指摘されたけど、そういう旦那さんも既にニヤニヤしてる。
2人揃って舞台を観るなんてなかなか機会がないし、旦那さんはどくんごさんの去年の舞台を観に来れなかった。一昨年だって途中からだ。

また音楽から始まる。
2日目なのに、ドキドキする感覚は損なわれない。

初めて観る時は、ついて行くのに必死になるくらいの疾走感、感覚を麻痺させるくらいの衝撃が良い。
もう一度観る時は、併走しながらも決して追い抜かせないもどかしさ、じりじりと胸を焦がす感じが良い。

それなら、更にもう一度観る時は?
どうなるんだろう?


テントを抜け出して振り返ると、漏れ出す光は妖しくて、その光の中を動く役者さん達尚更艶めかしい。
テントに戻りたい、でも良いの?
舞台から聴こえる台詞は少し遠くて、クラクラする。
シャボン玉が飛んでる。

「まだ来ない?」

刺さったなんてもんじゃない、貫かれてる。
行かなきゃ、走らなきゃ…。

夢中だった。
速いのにスローモーションで風景が見える。
ついて行きたい、心底思った。


どうやって客席に戻ったか、わからない。
手は震えてるし、呼吸が上手く出来ない。
それでも、私の目は舞台に立つ役者さんを追って、耳が台詞を拾う。

ゆっくり、呼吸が戻って震えも治まっていく。

薄明かりの中のダンスが嘘みたいに綺麗で、落ち着いたトーンの台詞がすっと差し出される。

「いいんだよ」

胸の中に落ちて溶けていく。
優しくてあったかかった。

また舞台に6人が揃う。
寒くなくて あったか
暑くなくて 涼しい


歌が終われば、舞台も終わってしまうんだなぁ…。
行かないで、なんて言えないし。

どくんごさんの舞台を初めて観たのは一昨年。
それから毎年、『ついて行きたい』と言っている。
もう、今年で3回目。


4回目を言うくらいなら……手始めに、N子を巻き込んで来年以降の計画を立てようかと思っている。

どくんごのみなさん、楽しく貴重な時間をありがとうございました。
また、次に会える時まで、さようなら。
スポンサーサイト

『てのひらの星』について by 更紗

出演者の半分がエゴイスト初登場、テント劇場初体験でいつもよりみんな緊張してたように思う。
そんな中、本番前の私はいつも通りだ。
もしかしたら、緊張してるのかもしれないけど、自分では認識出来ないからほとんどいつも通り。
これは多分、私の良い所であり悪い所でもある。
本番前に、緊張感がないと注意された事もある。

でも、本番は待ってくれないし、私は私の出来る事を精一杯やるしかない。緊張するのは後回し。
本番で背伸びをし過ぎない事、いつもよりほんの数ミリ単位で上を目指す事、心に余白を持っておく事……そんな事を言い聞かせて今回、舞台に立ちました。

稽古場の鏡には自分が映っていて確認出来るけど、舞台ではお客様の目にどんな風に映っているのか確認出来ない。

本番を終えて、何人かの人達に直接感想を頂いた。
「面白かった」というシンプルな感想から、「更紗は安定してるから安心して見れた」という有り難くも悔しい感想まで、人により様々。

結局どこまで行っても、私は私。
それでもこの先、ちょっとでも新しい私でいられるように、毎日過ごしていきたい。

色々考えさせられる舞台でした。
共演者の方々、スタッフの方々、そして見に来てくれた方々、本当にありがとうございました。
IMG_0046_50_80_3.jpg

感想by美樹

【エゴイスト】
IMG_0029_0808_30.jpg

2年ぶりのエゴイスト出演…
テント劇場での公演…
康子さんからお話を頂いた時は
もはや無条件で出演を決めていました。
ソロで踊る曲やオフィーリアのシーンも
自分でやりたいものを選ばせてもらったり
他の役者さんからも意見を言ってもらったり。
"みんなで作り上げる"
という感覚を味わいながら参加できたと思います。
レイナは本当に舞台が好きで、でも皆の前では素直になれない。
私自身も共感できる部分があるので
一生懸命、レイナなりの不器用さで心を開いて
舞台の上で皆と接していました。
稽古中、『役者のフレッシュな一面』について
何度も話題になり話し合ったのですが
今回私なりにレイナをやらせていただいたお陰で
少しだけ新たな私に挑戦できたかな?と思います。
レイナを観て「こんなキャラもやるのか!」と
思ってくれた方が一人でも居たら、
私的にはちょっと嬉しいかな、と。
温かい目で見守って下さったお客様、
ありがとうございました。




【どくんご】
IMG_0064_0808_50.jpg

こちらの観劇も、2年ぶり。
去年は忙しくて見逃し、悔しい思いをしました(泣)
期待を裏切らない、素敵な空間。
外から聞こえる花火や虫の声、
風の流れや人通りまでもが、全て演出になる。
テントならではの空間と緊張感、そして役者の息づかい。
『同じ釜の飯を食ってるのに、
仲が悪くなる道理が何処にある?』
という言葉を漫画で読んだけれど、
どくんごの皆さんを見ているとそれを強く感じる。
何ヵ月も一緒に旅をして
皆でテントの共同生活、
ご飯も自炊して一緒に食べて
皆で同じ舞台を作る。
何年も同じ劇団で芝居をしている人たちとは違う、
同じ釜で生活しているからこその独特の息の合い方。
それはどくんごの魅力を更に光らせる要素の一つなのかもしれない。
個人的には、サンチョさんと五月さんの逆立ちと
2Bさんのお掃除がツボでした。
と言うか、どのシーンも役者さんの個性と表現力が炸裂してて
あっという間に芝居が終わってしまった感じでした。
IMG_0075_0828_50.jpg

……最近、仕事やら何やらで色々考えたり
悩むことが多かったけれど、お芝居を観てる間に
ほっこりと心が暖かくなっている自分に気づいた。
これを観なかった人は本当に、損してるなぁ。
こんな素敵な世界があって、それに触れることができた。
そんな小さな優越感と
明日からまた頑張っていこうという気持ちで
帰路に着いて、私の夏は終わりました。
いま私の部屋では、今年の夏の名残として
どくんごのBBさんがユラユラしています。


---美樹。

心の隙間は埋められない。

太陽がいっぱい青森公演、どうにか終了いたしました。
ご覧いただいた方にはおそらく気に入っていただけたことと思います。
IMG_0107_40.jpg

今年もちゃんと面白いので、これからご覧になる皆様、安心してくださいね。
新メンバー含め、みんなそれぞれがんばっています。

今年の第一印象は
「人生の途中から途中までを切り取ったレビューショー」
という感じ。
IMG_0108_50.jpg

依然として、というか、ますますというか、色々なものの先が見えない状況の中で、それでも粛々と、歩いていけるうちは続けていくしかない。
劇団的にも、受け入れ的にも、社会情勢というのか、日本という国に住んでいる人々の状況というのか、そういったものも含め、今年という年はそんな感じなのかな、と思いました。
「どくんご」という生命体のようなものを、旅メンバー、今旅していないメンバー、各地の受け入れさん、応援してくださるファンの皆さん、劇場に足を運んで下さるお客様、それぞれが支えたりどうにかしたりして、風に吹かれながらもどうにかして灯火を消さないようにしている。そんな危ういバランスの中で生まれている、儚くて美しい舞台だと感じました。だから今年の芝居は、どこか物悲しく、切ない。
まあ別に旅があろうとなかろうと今生の別れに今すぐなることはないのだろうが、千秋楽の最後の歌のあたりは
「次にこの人たちの舞台を観られる日はいつになるのかなあ」
と切ない気分になりました。
IMG_0109_50.jpg

今年の舞台は写真で見ると、何がどうなってこんなことになっているのか不明なところが多々ありましたが、劇場で見ると舞台背景、装置など実に効果的でした。背景幕はいろいろなところを細かく見ていくとさらに楽しいので、座席に余裕のある日は前のほうに座るとお得です。
IMG_0114_40.jpg

青森の客層としては、数字としては置いておいて、かねてより観ていただきたいと思っていた「深く、濃い」方々にも来て頂けはじめたので、これからまた、どくんごのことを色々な方に知っていただけたら、と思います。

今年の芝居を見る限りでは、こういう風に創っていけるのだから、表現的な意味で心配することは何もないです。
粛々と生きて、粛々と勉強して、粛々と稽古して、日々研鑚を積みながら、出来上がったことをやっていけばそれでいいと思います。
物理的なこととか、数字的なこととか、そういうことをどうすればいいのか、お祈り以外の何かいい方法を編み出せればいいのですが。
IMG_0120_40.jpg

逢いたい時には逢えないし、私もいつかは死んでゆく。
まずは今年を無事に終えて、もろもろのことはそれから考えればいい。
来年なんて、あるかわからない。
でもそんな、見通しの立たない部分も含めて、今年の舞台は素敵です。

だから今、そこにいる場所、目の前にいる人を思い切り愛しなさい。
青森でヨヲコを恋しがったり、石巻で母の不在を悲しんだりしていてはいけない。

IMG_0128_50.jpg
それじゃあ夏ばてに気をつけて寝られるときはとっとと寝てね~。
またね~。

役者コメント、佐々木瞳

役者コメントシリーズ、
今回はエゴイスト初登場の佐々木瞳ちゃんです。

IMG_8901_hitomi.jpg

はじめまして☆
今回、最年少で初参加の佐々木瞳です!

劇団エゴイスト代表の康子さんとの出会いはTwitterでした。

まさか自分がまた舞台に立てるなんて思ってもいませんでした。

舞台に立てる機会が出来て
佐々木瞳自身本当に嬉しいです。

中学・高校と演劇部に所属していて
将来はそんな世界で仕事したいなって
考えてたこともありましたが

自分に自信が全くなく

諦めてしまいました。

でも、また演劇に関わることができて本当に嬉しいです。

今回の「夏原美波(ナツハラミナミ)」は
そんなうちの考えてる気持ちが
美波ちゃんの気持ちと
かなりリンクしてます。

私自身が美波ちゃんのキャラのモデルでほぼ当て書きです。

当て書きのキャラを演じることは初めてなので
とても演りやすく、楽しみながら
稽古に励んでいます。

でも、夏原美波ちゃんは佐々木瞳とは違う人間で
佐々木瞳にはないところもあって
とても可愛らしくて元気な女の子です。


美波ちゃんに負けないように
そんな彼女の魅力を引き出せるように
一生懸命頑張ります!



周りの皆さんは青森でお芝居を頑張っている方ばかりで

自分自身、お芝居に参加するのは今年初めてで

日々、稽古場で皆さんのお芝居をみて勉強してます。

一応、役者を経験していますが
滑舌が非常に悪くて
よく「この子大丈夫かな?」って思われますが

滑舌は悪くても、皆さんの気持ちに何か感じられたり、何か伝えられたらいいなって思ってます。

「佐々木瞳?あぁ、そんな子もいたね」

って、皆さんの記憶に残れたら本望です。

会場でお待ちしております。

会場で話しかけて貰えたらすごく嬉しいです。

仲良くしてくださーい!


役者としても人間としても

まだまだピヨピヨひよこですが

元気いっぱいに
下手くそは下手くそなりに
精一杯演ります!

今回の「てのひらの星」は
役者一人一人に見せ場がありますので
皆さん楽しみにしていて下さいね!
よろしくお願いします☆

以上、長くなりましたが

夏原美波役の佐々木瞳でした♪

役者コメント。横山美樹

出演者からのコメントシリーズ、今回は美樹ちゃんです。
IMG_0027_miki.jpg

役者や裏方として芝居に関わっていると、
公演が終わったあとの虚無感というか
独特の脱力感みたいなものがある。
現実に引き戻される、と言うべきか。

いつまで経っても、慣れることが出来ない感覚。
少なくとも、私は。


ところで、自分はカメラの前で演技するのが苦手だ。
理由は様々あるが、相手の顔が見えない、というのが最大の理由。
舞台だと、客席とステージの間で空気が行き来しているのがわかる。
でも、映像はそうもいかない。
舞台は、そこに流れる空気によって作り出される生モノ。
まさに『ライヴ』


どくんごのテント劇場は、ライヴにぴったり。
空気の行き来どころか
お客様の唾を飲む音まで聞こえるんじゃないか…
そう思うほど、劇場全体の密度が濃くライヴ感溢れている。
開演前で誰も居ないのに、何か漂っている不思議な空間。
それこそ、終わってから現実に戻るのが大変なくらい。


またあのステージに立てると思うと
今からドキドキしてしまう。
しかも、今回の"レイナ"のような役で堂々と世界に浸れる。
こんな機会は、滅多に無いんじゃないだろうか。


今年の残暑は、テント独特の空気に酔いすぎて
現実に帰ってこれるか、ちょっと不安だったりする。
でも、そんな状況も含めて自分がどこまで酔えるか
『当日は晴れますように☆』と、
てるてる坊主を作る準備をしながら楽しみにしている。


さぁ、皆でテント劇場の空気に酔って宴を楽しみましょう!
23日、そして24・25日も
合浦公園でお待ちしてます。


---美樹。

役者コメント・福田真紀

役者コメントシリーズ、ハリー演じる翔子の彼役のマサキくんです。
どんなカップルになるかお楽しみに!
IMG_3216_ma.jpg


初めまして。劇団エゴイストのお芝居に初参加する福田 真紀(まさき)です。というか役者一年生で、稽古場で日々気付かされることばかりです。
今回の舞台では僕自身初の恋愛に絡む芝居というのがあり、四苦八苦しております。演じる役はとにかくイケメン、という設定をしていますので、イケメンらしく見えるように稽古中は心がけています。ご覧いただく皆様の目に、どのように映るのか、その反応が少し怖くもあり、楽しみでもあります。
本番当日まで間もなくなってきましたが、より良い舞台をご覧いただけるよう精進しますので、ぜひぜひ劇場においでください!

役者コメント、張間陽子

ハリーの愛称で親しまれている、張間陽子さんからのコメントです。
FM青森ラジモット、月火金パーソナリティーをしてらっしゃいます。
ハリーファンの皆様、是非生の張間さんを観にきてくださいね!

IMG_6665_harima.jpg

晴山翔子役を演じる、張間陽子です!
翔子は、10歳年下の恋人がいる、明るくておっちょこちょいでドMな女子。
しかしいったん演技に入ると、ガラっと豹変するんですよね。

今回、康子さんに舞台で何やりたい?と聞かれ、
「イケメンと恋したい!派手な衣装を着たい!」と申し出て、この役をいただきました。
いわば、私のやりたいこと、演じたいことがギュギュギューっと詰まった舞台です。

演じる場所は合浦公園!しかもテント劇場!
こんなにワクワクする芝居はそうそうありません。
女性がつくる劇ならではの、煌びやかな世界観を、ぜひ観にいらしてください。

3秒の登場シーンだけ着る通称『合浦ドレス』で皆さんをお出迎えします!
逢いに来てください!

張間陽子

新聞に掲載されました。

本日の東奥日報朝刊の18面に、
劇団エゴイスト&劇団どくんごの公演前記事が載りました。

638776768.jpg


劇団エゴイスト第18回公演「てのひらの星」
8月23日(木)
夜7時30分開演(開場は開演の30分前です)

場所
合浦公園ステージ前広場特設テント劇場
(正面より入り、公園真ん中の東屋を右に曲がり、しばらく歩くと、やがて、左手にテントの劇場が建っています。)

入場料・一般1,000円 中学高校生500円
それよりちいさなおともだちは「お気持ち」です

上演時間は1時間30分を予定しています。

出演
高橋康子 張間陽子 更紗 横山美樹 福田真紀 佐々木瞳

【ものがたり】
とある地方都市。
新しく旗揚げされることになった劇団のオーディションを受けるために集まってきた若者たち。
劇団内恋愛、主役の座を巡る駆け引き、トラブルメーカーの乱入‥。
果たして、無事に一座はまとまり、本番の幕は上がるのか?

エゴイストには大変珍しい「青春群像劇」といった雰囲気の、さわやかで前向きなお芝居です。
青森の劇団関係者の多くは、「青森に劇団なんてあったんだ」と言われたことがあると思うのですが、「地元の人たちの舞台を見る」「その気になれば自分も舞台に何らかの形でかかわることができる」という可能性もあるのだ、というところまで踏まえて、たくさんの人に劇団エゴイストと、劇団どくんご青森公演のことを知っていただきたいです。



翌24日(金)25日(土)の夜7時30分から同じ会場で行われる
劇団どくんご「太陽がいっぱい」
の前夜祭として上演されます。

劇団どくんごは、鹿児島市を拠点に、年の半分以上を旅してまわる、テント劇の一座です。
見慣れた公園の景色が、その日だけは異次元に変わります。
エネルギッシュで色彩豊か、不思議で面白くて、どこかノスタルジックでなぜか切ない。
なんだか意味はわからないけど、すごく興味をそそられる。そんな劇団です。

CD、手作りマスコット、手ぬぐい、すごろくなどなど、いろんなグッズもキッチュでかわいいです。

劇団どくんご「太陽がいっぱい」
前売・ご予約 一般2500円 当日2800円
中学高校生 1300円
それよりちいさなお友達は「おきもち」です。

エゴイストもどくんごも、見た後に何かをはじめたくなるような、前向きなパワーを持っているお芝居に仕上がっていると思います。
敷居も高くありませんし、エゴイストはわかりやすい、どくんごは考えるのではなく感じるタイプの出し物なので、演劇に詳しくない方、一度も演劇をご覧になったことがない方も大歓迎です。

たくさんのご来場、お待ちしております。

※20日月曜日に、FM青森の生番組「ラジモット」、18時台のゲストコーナーに、高橋康子が出演いたします。

役者コメント・更紗

いよいよ公演も近づいてきました。
今日は役者として参加している更紗からのコメントをどうぞ。

IMG_3267.jpg


長かった稽古期間ももう終盤、本番が目前に迫ってきました。

役者の私は、新人ではないけれど、かと言ってベテランでもありません。
エゴイストに参加して二年半ほどで、役者としてマンネリ気味だと実感しています。
その事が現在進行系で私の課題でもあります。

今回は、劇団を旗揚げしていく物語で、役と役者本人がどこかリンクしている。
役と役者が、憧れとか悩みとか様々な感覚を共有している親しい間柄のような感じ。
自分が演じる『木下さゆり』について、この人はこの先どんな役者になっていくのだろう?と、つい芝居よりも先の事に思いを馳せてしまう。

きっと、さゆりは私よりも一生懸命な人だ。
そんなさゆりに置いて行かれないように、私も頑張ろうと思う。
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。