プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公演一ヶ月前!

そういえば世の中連休なんですね。
お休みの方も、そうでない方も、皆様いかがお過ごしですか?
エゴイストでは基本的に、土日祝は原則として稽古をいたしません。
各メンバー、演劇以外の活動や家庭生活、勉学や休養にあててもらいたいという考えからです。もちろん、稽古場以外のところで芝居について考えたり調べたりする時間も大切ですしね。
というわけで稽古場でひとり練習をしております。
IMG_0189_40.jpg
劇団エゴイスト第十七回公演
「花柊(はなひいらぎ)束の間に 一人芝居のための習作」
8月18日(木)夜7時開演(開場は開演の30分前です)
青森市・合浦(がっぽ)公園ステージ前広場特設テント劇場にて
(公演正面口から入り、中央の東屋を右に折れると、やがて左手に、小さなテント劇場が建っています)
※駐車場は無料でご利用いただけます。バスをご利用の際は、「合浦公園前」で降りてください。青森駅方面からですと、「東部営業所行き」などの路線です。
入場料 一般 1000円 中高校生500円
(プレイガイド発売はございません。当日直接開場にお越しください)
IMG_0141_02_up.jpg
エゴイストでは、次回公演に向けて、当日お手伝いスタッフさんを募集しております。
内容は受付の補佐、会場係等です。
お客様からアンケートを回収したり、「こちらのお席、少し詰めていただけますか?」とお声がけしたり、などなど。今回はチケット前売やご予約がないので簡単です。劇団活動デビュー、スタッフデビューにはおすすめ!
「演劇や劇団というものに興味があるけど、どんなことをするのかな?」
という方から
「テント芝居ってどうなってるんだろう?あんなこともこんなこともリサーチしたい!」
という方まで、お気軽に
koume_egoisteあっとまーくyahoo.co.jp
まで、アットマークを書き換えてご連絡くださいませ。
テント芝居、普段の劇場とは違った独特の楽しさがありますよー!
8/18(木)一日だけのお手伝いでもかまいませんが、出来れば事前に一度でも稽古を見学に来ていただけると助かります。(週23回ほど平日夜にアウガでやってます)
もちろん、19(金)20(土)のどくんごの公演本番も、是非ご覧いただきたいです!
そして、エゴイストを気に入っていただければ継続して活動していただけるととてもうれしいです。

IMG_0227_40.jpg
今回は一人芝居ということで、舞台上には康子しかいないわけですが、だからこそ「みんなで作っている感」を大事にして、いろいろ話し合ったり、考えたり、試行錯誤の時間も大事にしていきたいなと思っています。
今回は普段スタッフであれもこれもやってくれてるかんちゃんが、劇団以外の大事な活動のほうの予定とダダ被りしてしまい、基本的に助演出のみです。更紗に音響デビューしてもらい、タカヤケンさんに照明をお願いしました。
どくんごプレの照明というのはそれなりの難しさがあります。
どくんごの皆様からありがたくも手書きの舞台見取り図、仕込み図を頂いてはいますが、やはり実際に見てみないとよくわからない。
照明は現場に行って当日見て「なるほど、こうなっているわけか、ふむふむ」とやるわけです。
そしてゲネプロ(本番を想定したリハーサルのことです)を4時とか5時にしても、周りは明るいですから、照明の効果がいまひとつわからず、結果、思いっきりぶっつけ本番、という…。
そんなこともあって、照明は舞台経験のある方にお願いしよう、と憲ちゃんにお願いしたのでした。
IMG_1091_cd.jpg
今回はしのじゅん芝居ということで、オリジナルテーマ曲があります!
「柊子のテーマ 冬の灯り火」
作詞は北見有莉先生、
作曲は青森市各方面の舞台でおなじみの杉浦ひさしさんです。
今月杉浦スタジオにて録音いたしました。
役者本人が歌ってますので歌手の方のようにうまくはありませんが^^;まあ、手作りっぽくて今回の劇場の雰囲気にあっていると思います。
もちろん当日の舞台でも流れますし、公演当日、何枚かCDにして持っていきますので、受付に「欲しいです」と言っていただけるとプレゼントさせていただきます。(先着10名さまを予定しています)

というわけで、今夜もひとり稽古がんばりますよー☆
スポンサーサイト

DM発送中です。

稽古その他の合間を縫って、少しずつ次回公演のダイレクトメールを発送しております。
中身は、どくんごのチラシと、青森プレ公演(つまり、エゴイストの次回公演)のチラシでございます。
先日、七夕様の日に郵便局に行ったら、とっても綺麗な星座の80円切手が発売になっていました。
写真では判りにくいですが、きらきら光ってとっても素敵です。
それに台紙がシールになっていて、わざわざなめたり濡らしたりしなくても貼れるし、瑠璃色の切手はとても封筒に映えて美しいです。
IMG_9408.jpg

まだ売り切れてなかったらもう何シートか買っておきたいです。
「私もチラシ欲しい」
「どくんごのチラシ、ひとつかみくらい送ってくれれば、近くの知り合いとかに配ってもいいよ」
という方、もしこちらをご覧でしたら、是非、ご連絡ください。
koume_egoisteアットマークyahoo.co.jpまでメールにてご連絡先をお知らせいただければ幸いでございます。
どくんご青森公演もいよいよ近づいて参りました。
今年は今世紀初の2デイズどくんご!是非お越しください。

プレ公演(前夜祭) 入場料 一般1000円 中学高校生500円
8月18(木)夜7時より 劇団エゴイスト「花柊 束の間に 一人芝居のための習作」
休憩後8時30分より コスモスライブ「ヒットソングを交えないで」

そして8月19日(金)20日(土)は…
劇団どくんご公演第25番 「A Vital Signただちに犬」
各回7時30分開演
一般前売・ご予約 2500円 当日2800円 中学高校生1300円 小学生以下お気持ち

劇団どくんごご予約はこちらで承ります。

舞台のお知らせです。

どくんご仙台受け入れのふみえさんから、舞台のご案内を頂きました。
とても面白そうなので、お近くの方、是非!



飯田茂実+e-dance仙台 東北4県ツアー

e-dance仙台(在仙の若手アーティスト15人)が、世界で活躍するマルチ・パフォーマー飯田茂実を総監督に迎え、共同創作した舞台作品を、東北4県(宮城・青森・山形・秋田)にて上演します。

◆公演内容◆
『シャマン術コト始め』(上演時間30分)
昨年春、ホンジュラスの舞台芸術フェスティバルにて、劇場オープニング作品として初演された、飯田茂実の独舞作品。世界各地で上演を続けるなかでヴァージョン・アップを重ね、前回のブリュッセル公演は大好評を博しました。ダンスの原点へ遡るシンプルなソロ・パフォーマンスです。

『春風のなか、ちいさな街』(上演時間 75分)
題名を変更しました

創作過程での話し合いにより、予定していた集団創作の内容を、変更することになりました。この春に、創作メンバー全員が、被災地で体験したことを出発として、それぞれの、そして仙台の皆が分ち合っている現在を、ドキュメンタリー・ダンス・シアターとして、形にしていきます。タイトルも当初予定していた『生き心地よい心身術』から変更することになりました。
出演者・制作者・技術スタッフとも、メンバーは19歳から27歳、みな東北地方・東日本の出身です。当日の稽古場も定かではないような状況で、あちこちを転々としながらの創作ですが、日々、ご来場くださる方々のことを想って、精魂込めて舞台創りを進めております。回復への希いに充ちた、若い世代による渾身の出来事を、ぜひ御体験ください。

◆日程◆
青森 八戸公演7/9 (土)19:00~
山形 山形公演7/13(水)18:00~
秋田 美郷公演7/17(日)19:00~
秋田 美郷公演1/18(月)14:00~
※全会場、開場は開演の30分前を予定しております。

--------------------------------------------------------------------------------

7.9(土)19:00開演
八戸ポータルミュージアム はっち シアター2
[住所]青森県八戸市三日町11-1

[HP]http:// hacchi. jp/ha/i ndex.ht ml

日々少しずつ。

次回公演「花柊 束の間に 一人芝居のための習作」、日々稽古しております。
IMG_8989up.jpg

今回は一人芝居ということで、久しぶりに一時間ひとりきりの舞台です。
一人芝居とはいっても、劇団のメンバーと色々話し合ったり、一緒に稽古して作っていくのはもちろん、劇団の外の方にもご尽力いただいたり、いろいろな事を勉強させていただいたりしながら、少しずつ少しずつ、明日は昨日より薄皮一枚分精進できるようにと思っています。
今回の芝居は、康子が高校時代からずっとお世話になっている篠崎淳之介先生に書きおろしていただきました。
現代の日本(といっても、おそらくは2011年より少し前の「現代」です)、康子は「山岡柊子(やまおかしゅうこ)」というおそらくは30代の女性を演じます。今風の言葉で言えば「ツンデレ」系の、とても可愛いひとです。刺があるようでいて、中身はとても弱くて傷つきやすくて、愛されたいと願っている。でも愛する人の胸に素直に飛び込んでいけない。そんな女性を、なんと今回はドレスでもベリーダンスの衣装でもなく、Tシャツとパーカーで!演じる予定です。普段のエゴイストの舞台が「ハレ」なら、今回は「ケ」。すっぴんで少し疲れた女性からふと立ちのぼるそこはかとない魅力…がなんとか出ればいいのですが。

今回は一人芝居ということで、一人の作業が多いので、ついブログもおろそかになりがちなのですが、公演もいよいよ来月に迫ってきましたので、これからはちょこちょこ更新できたらな、と思っています。
とても素敵な脚本で、とてもエゴイストらしい、康子らしい舞台に仕上がると思いますので、是非ご来場ください。
IMG_4952_30.jpg

本番は2011年8月18日(木)夜7時から
青森市・合浦公園ステージ前広場特設テント会場です。
公園正面口から入り、公園中央の東屋を右に折れると、公園東口の手前、左側に、あやしげで不思議なテント劇場が建っています。そこが会場です。
入場料は一般1000円、中高校生が500円です。
7時からエゴイストの舞台(1時間程度)、休憩をはさんで8時30分ごろから、康子とともに劇団どくんごの受け入れを担当している千葉タカヤ氏率いる超・個性派バンド「コスモス」のライブがございます。
エゴイストとはまた違った意味で、異次元空間へと誘う独特の世界観を持ったバンドで、エゴイストは昨年10月の実験朗読会「皮膜のポエジー」でご一緒させていただきました。ぶっとんだ歌詞、独特すぎるたたずまい、そして不思議に心地よいサウンドをお楽しみください。
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。