プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

メンバーからコメント/紀子

月蝕の本番も終わり、各メンバー家事に仕事に学業に自分の本来の所属劇団にと、それぞれの活動の場へと戻っております。
しばらくはアフタートーク的に、「月蝕」を終えて、康子はじめメンバーの四方山話や、こぼれ話、その他でお楽しみくださいませ。
早速、今回出演していただいた、小山内紀子さんよりコメントをいただきました。
この辺の仕事の速さがさすが!のりこさん!という感じ。
出演者として演技するのはもちろんのことですが、芝居を裏から表から、あらゆる角度から取り組まれる方で、先輩にこういう言い方をするのは失礼かもしれませんが、大変有能な方です。
劇団支木の女優さんとしてご活躍の先輩女優さんで、康子とは文化会館10周年記念公演の「きみ歌えたまゆらのとき」以来のお付き合いです。
普段は謙虚で慎み深い方。「オホホホホ!アタクシにひざまづいて御覧なさい!」「お前さえいなくなればあたしがトップスターになれるんだよ!」的な表現は、普段されているお芝居とはかなり勝手が違ったのかも。

10012901.jpg


「月蝕」に出演して/小山内紀子

今まで私が出演した芝居とはかなり違うし、やると決めたものの本当に私に出来るのだろうかと、不安になったこともありました。ダンスだって、自分がヘタクサイことぐらい百も承知だけど、お客さんが見て「恥ずかしい!」と思うようなことだけはしたくなかったので、本番ではとにかく楽しく堂々と出来ればいいなと思ってました。当日は、かなり緊張しました。一回だけでも、きちんとリハーサル出来て、本当に良かった。私は楽しく堂々とやったつもりですが、それがお客さんに伝わっていればいいなと思います。

10012902.jpg
10012903.jpg
スポンサーサイト

「月蝕」終了しました。

10012503.jpg
エゴイスト番外小公演「月蝕」無事終了いたしました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

稽古中は、メンバーがインフルエンザにかかったり、複数の役者の身内に不幸があったり、本番直前に不審な発熱をきたすものがいたりと、それなりになんやかやあったようですが、とにかく、キャストスタッフ、全員健康で大きな事故やトラブル、病気もなく、本番を無事に終えることが出来てほっとしております。

劇場での写真は、現在康子の手元にはございませんが、カメラで撮ったものがありますので、後日公開いたしますのでお楽しみにお待ちくださいませ。
その他、公演を通して、終わってみての感想など、少しずつ書いていきたいと思いますのでしばらくはこちらのブログでお付き合いくださいませ。

いよいよ本番

いよいよ本日本番です!
夜7時30分より、アウガ5階のAV多機能ホールです。
入場は無料です。お誘いあわせの上、家事や学業の合間に、お仕事帰りに、是非お立ち寄りくださいませ。
短い時間ではありますが非常に濃い内容です。
メンバー一同、お待ちしております。
10012402.jpg

いよいよです!

番外小公演「月蝕」の本番がいよいよ近づいてまいりました。
来週の月曜の夜です。
1月25日月曜日、夜7時半開演。7時開場です。
役者もたくさん出ます。あのひとこのひとの新たな一面、意外な側面がご覧いただけると思います。
衣装もいいかんじです。
とてもエゴイストらしい作品に仕上がっていると思います。
いつもごひいきにしてくださっている方はもちろん、初めての方にもたくさんおこしいただきたいです。
稽古写真、載せたいのはやまやまですが、衣装その他を身につけて稽古しているため、それは本番まで楽しみにして事前には知らないでおきたいというお客様もいらっしゃるだろうし、どこまで公開していいものか、かなり悩むところなのですが、ちょっとカジュアルな雰囲気もあるこんな写真でどうかしら。一番奥のあさみちゃんのTシャツのロゴとか、逆に本番では見られないです。
左奥にちらっと見えているブルーが、今回は非常に印象的な効果をもたらしてくれています。

10012201.jpg

メンバーからコメント7、谷憲

公演本番も近づいてまいりました。
メンバーからのコメントを紹介するシリーズ、今回は憲くんです。
大学生活の傍ら、BBB、弘演、その他色々な舞台で、キャストとして、あるいはスタッフとして活動しています。



1 今回、エゴイストの小公演に参加してみての印象は?

濃厚・濃密ですね。
30分という短い時間の中に、様々な舞台の在り方が散りばめられていると思います。
稽古も一回一回が濃密で、あっという間に時間が過ぎちゃいます!


2 今回の作品の(個人的な)見所を教えてください。

ゆっ…くり歩くとこ。
全身の筋肉使います。笑


3 今後、やってみたい役柄や作品は?

今までは割とアクティブな役が多かったので、今回のように力を抑制していく役もどんどんやってみたいですね。
上手く出来るかは別として…。


4 エゴイストおよび康子に今後やってほしい役柄や作品は?

「劇団エゴイスト」という世界を、存分に表現していってほしいです!^^


5 あなたにとって舞台とはなんですか?

パラレルワールド、かな。
現実だけど何かが違うみたいな
うーん、わかりにくいですね(笑)

深夜の珈琲ブレイク。

どくんごの五月さんののブログを興味深く読みました。
とりわけ「これは愛?」という記事について。
豊橋の受け入れ、さとこさんが
「役者も受け入れも、長くやるためには自分が「好き」だからだけでは続かない。突き詰めると他者への愛、のようなものがあるからこそ続けられるのではないか」というようなおはなしをされた、というくだり。
すごく共感しました。
五月さんのモチベーションは「私自身が、どくんごの芝居を見たい」というところから発動している、というのも興味深い。
わたしも、なんだか、わかるような気がする。
私も、「エゴイストの次回作を自分で見てみたいからやっている」というような部分って、あるように感じます。

確かに自分が「好きだから」だけでは、20年は出来ないですよね。
今動いているメンバーや、旅に行けないメンバー、離れてしまったけれど応援しているかつてのメンバー、これまで支えてきた人やこれから出会う新しい観客といった、全国の色々な人たちの思いとか、念のようなものを背負って旅しているんだと思います。

「ど」の受け入れとしては、「子供連れできてもらって全然かまわないんだ」ってことをもっとアピールしていくべきだなあと。こないだBBBの忘年会で山田さんと話していて思いました。子育てがあるから来るのを躊躇してこられなかったみたい。やっぱり、演劇を知っていると、客席で子供が騒いだりしたら大変!って思いがあるだろうけど、どくんごは客席で赤ん坊が泣くくらいのことは大丈夫だし、幼児になっていれば多分それなりにちゃんと見てくれると思う。よっぽどの悪意を持って客席で騒ぎさえしなければ、たいていのことは飲み込んでくれる、ほかではちょっとお目にかかれない、ふところの深い芝居をする集団です。
あと、これは私の今思ったでまかせ推理なんだけど、わたしの住んでいるところは青森だから、もしかしたら
「テント=アングラ=白塗りの妖しげな集団=どろどろした呪われそうな世界」
みたいなイメージの人もいて、「そういうのはパス」って層もいなくはないかも。
でも、若い世代の話を聞いていると、「昭和」っていうものの記憶がない分、そういった「昭和的」なものに対する新鮮な憧れ、というものをもっている層も出てきているように感じるので、そういった層にいかにつながって、アピールして、客席におこしいただくか、というのも課題なのかしら。

それはさておき、どくんごの拠点には、今年の新メンバーも少しずつ結集しつつある模様。
まずは若い男子が到着とのこと。写真で見た印象では、さわやかな感じ。
今年は今年で、どんな芝居になるか、とても楽しみです。
去年は勝手がわからず、思うような仕事が出来なかったけれど、今年はもっときめ細かく、いろんな人にどくんごの魅力をお伝えしていきたいです。
というわけで、時折こちらのブログにも、どくんごの動向やらなにやら、書いていきたいと思いますです。

※こうへいさんに私信。はずかちいので、私の記事、そちらにリンクしなくていいですわよ。今年もなにとぞよしなに。

メンバーからコメント6・小山内紀子

「月蝕」参加者からのコメントをご紹介するシリーズの6回目です。
劇団支木でご活躍の小山内紀子さんです。
昨年はBBBの「はっ」で手踊りを披露。昨年の支木公演での美しい黒留袖姿も記憶に新しいところです。
今回の「月蝕」では、紀子さんの新しい一面をご覧いただければと思います。



1 今回、エゴイストの小公演に参加してみての印象は?

参加してみての印象は、康子ちゃんの説明の仕方が結構分かり易い。これなら大丈夫かなって、出演を決意した動機にもなります。  

2 今回の作品の(個人的な)見所を教えてください。
  
今回の見所は、やはり今までエゴイストに出たことない役者が揃ってる、ってことでしょうか。康子ワールドで、如何に自分をアピール、或いは溶け込ませることが出来るかが、見所ではないでしょうか。

3 今後、やってみたい役柄や作品は?

今後、私がやってみたい役柄…考えてはみましたが、実際考えられないのが本音です。今はエゴイストの公演を気持ち良く迎えたい、それだけです。

4 エゴイストおよび康子に今後やってほしい役柄や作品は?

康子ちゃんに今後やって欲しい役柄は、今までなんとなく個性が強烈ってイメージがあったけど、意外と(?)可愛いとこもあるので、おとなしめのちょっと控え目な女の子の役とかも行けるんじゃないでしょうか。
 
5 あなたにとって舞台とはなんですか?

最後に、私にとって舞台とは、自由、かな。何年か前は、舞台に立つって凄く緊張するし、いっぱいいっぱいって感じだったけど、今は楽しむ余裕が出来てきたかもしれない。色んな自分に挑戦できる自由な場、今はそう思います。

10010801.jpg

衣装合わせ・メイク稽古

昨日の稽古では衣装合わせとメイクのおけいこをしました。
劇団としてみんなでメイクの稽古をするというのは多分エゴイストでははじめての試み。
やはりメイクすると役者の顔つきがかわったり、衣装をつけることで起こりうるハプニングへの対処など、いろいろ判ることがありました。
衣装をつけた写真、お見せしてしまうと、楽しみがそがれてしまうといけないので、本番までのお楽しみということで。
是非、当日会場にお越しくださいませ!
10010701.jpg

明けましておめでとうございます。

皆様新年明けましておめでとうございます。
今年もエゴイストをよろしくお願いいたします。
昨年は、あちこちにスタッフとして参加、あるいは裏方として公演の受け入れをしたり、といった一年で、康子本人が舞台上で皆様にお目にかかる、という機会がありませんでしたが、今年は1月から、「月蝕」の本番があります!
30分の無料公演ではございますが、短い分、凝縮されて趣味に走った舞台をお届けします。
日ごろからエゴイストの舞台をご覧いただいている方はもちろん、エゴイストどころか演劇というものを生で見たことがない!という方にも、是非お越しいただきたいです。
N村さんも書いてましたが、普段、よその劇団で活躍されている役者さんもたくさん出演されます。
「あの役者さんには、こんな一面もあったのか」
と、新鮮な驚きを提供できれば嬉しいです☆

エゴイストは、いわゆる「演劇らしい演劇」ではないこともあってか、演劇に長年触れてらっしゃる方には「難解」、演劇をご覧になるのは初めて、という方には「わかりやすい」といわれることの多い、謎な作品を作ることが多いことも申し添えておきます。

早くも明日から稽古始めです。
青森は雪のお正月ですが、各自体を冷やさないように、暖かくいたしましょうね。

10010204.jpg
10010205.jpg
 | ホーム |  page top