プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長内真理さんのダンス公演があります。

dawn07.jpg

【ダンス公演 See Saw  シーソー】

青森市青柳1-16-37 2階、アトリエグリーンパークにて。

出演 長内真理 三橋かおり 木村玲奈
美術 鳴海恒夫

8月29日(土)19時30分開演
8月30日(日)15時  開演
(開場はそれぞれ15分前です)
前売1000円 
当日1500円
(18歳未満と65歳以上の方は500円)
成田本店しんまち店地下CD売り場
サンロード青森総合サービスカウンター
メール予約
reiji037@gamma.ocn.ne.jp
(8月28日までにお名前と枚数をお知らせください)



カナダ、ニューヨークなど、海外でも活躍中のコンテンポラリーダンサー、長内真理さんのダンス公演です。
ソリッドさとたおやかさにますます磨きのかかる真理さんと、美しく才能ある若手ダンサーたちとの共演です。
青森でこういった催しを観られるのは大変貴重です。ぜひご来場ください。

dawn08.jpg


【コンテンポラリーダンスとは?】
コンテンポラリーとは「同時代的な」とも訳され、簡単に言うと「現代のダンス」ということです。バレエ的なものから舞踏的なものまで、そのスタイルは多岐にわたります。
長内真理さんは野口体操や太極拳、アレキサンダーテクニークなどをベースに、独特の世界観をつくりあげています。
「ステップの意味」や「ストーリ、ダンサーが表現したいこと」を追うのではなく、風に揺れる植物や波に漂う海藻を眺めるように、舞台上のダンサーたちの動きを眺め、感じ、味わっていただければいいなと思います。

また、ご好評をいただいております長内真理さんのリラックス体操講座、9月も開催いたします。時間はすべて、16時15分から17時45分、参加料は500円です。ご自分で動いてみることで作品への理解もより深まると思いますので、是非どうぞ。役者系の皆様にもかなりおすすめです。

9月6日(日)中央市民センター3階集会室
12日(土) 同 3階練習室
19日(土) 同 3階練習室
27日(日) 同 3階集会室

「こころもからだもリラックス、眠ってしまってもOKです」
とのことです。
ご参加の際は、ジャージとTシャツなどの動きやすい格好で。特に女性はかがんだり、ごろごろ転がったりしても、胸、背中、などが丸見えにならないようなお召し物でご参加くださいませ。 
スポンサーサイト

黒石終了!

劇団どくんご「ただちに犬 デラックス」黒石公演無事終了しました。
09081202.jpg

関係の皆様、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
ある意味、非常に記憶に残る公演でした。
とにかく虫がものすごく多くてですね。まほ姫の嫌いな羽根虫が。いやー、すごかったです。
年に一度の羽根アリの大量発生&行動日と公演日がたまたま合致してしまったようでした。
ヒッチコックで「鳥」っていうのがありましたが、その「虫」版とでもいいましょうか…。

開演中にフツーに電話してるお客様や、殺虫剤まきながらウロウロしている方…と、かなり独特の雰囲気の序盤で、かなりどきどきしましたが、その分メンバーも、いい公演にするぞ!と意気込んだのではないかな。
09081203.jpg

お客様も、最初はさぐりながら見ていたのか、台詞がわかるところはしっかり見ていられるのだけど、ささやきとか擬音めいたシーンでは最初、どう見たらいいのかな?という感じで何かぶつぶつ言っていたようなお客様たちも、だんだんと
「あ、別に意味とか追わなくてもいい…のかな?」
ってことに思い至りラクニなったご様子で、最後のほうは皆様かなり集中してみてくださり、終ってみれば和やかで温かな公演になったのではないかなと思います。
来年以降によい形で何かが繋がっていけるといいなと思っております。
地元の大川原をはじめ、弘前、青森、平内など、各地からご来場いただき、ありがとうございました!
09081204.jpg

芝居の感想は青森公演のときに書きましたので、今回は視点を変えまして、
今年差し入れてみて好評だったように思う&自分でテントで食べてみていいなと思ったもの !

・りんごジュース(やっぱりおいしいそうです。地元の名産品は基本ですね)
・さくらんぼ(果物は貴重品とのこと。皮むかなくても食べられて手軽でした)
・こんにゃくゼリー(テントには冷蔵庫がありませんので冷たい物も貴重品とのこと。凍らせて家を出て、会場に着いた頃にはとけかけてちょっとしゃりっとしている、あたりが夏場にはよかった模様)
・カレーパン(芝居で大汗かいて遅くまで打ち上げしてると小腹すいてくるし、それでお酒飲んでいると悪酔いしちゃうといけませんからね。翌日も大体バラシですから…)旅中は揚げ物もまた貴重品とのことでした。

あとは。お酒はわりと各地で差し入れしていただけるようですが、かえってミネラルウォーターのようなものはいくらあっても困らないなと思いました。

あと、裏話的になってしまいますが意外なものが非常に喜ばれました。
それは…
メイク用のシャープナー(鉛筆削り)!!
アイペンシルやリップペンシルがうまいことけずれなくて、ずっとイライラしていたそうです。
「いつからイライラしてたの?」って聞いたら
「初日から」だって(笑)
私も経験がありますが、普通の鉛筆用の鉛筆削りや、カッターやナイフの類では、上手に削れないんですよね。芯がポキポキ折れてきちゃって。
メイク用のシャープナーだと「今までの苦労はなんだったの?」って愕然とするほどスルスルッと削れますので、これからの旅はより快適に、目張りもなめらかになることでしょう!

あした会ったらまたしばらく離れ離れなので、一家団欒してきたいと思いまーす。

どくんご黒石公演あります!

合浦公園での「ただちに犬 デラックス」から一月あまり。
再び、どくんごのお芝居を青森県内で見られます!
09061402.jpg

劇団どくんご「ただちに犬 デラックス」
8月11日火曜日 夜7時半より お山のおもしぇ学校(旧・大川原小学校)にて。
詳細はどくんごの公演概要ページをご覧ください。クリックすると飛びます。会場へのアクセス地図もこちらからどうぞ。
どくんごの黒石公演ははじめての試み。
青森県内で、青森市以外で公演があるのはおそらく今年がはじめてだと思います。
合浦公演を見逃したという方も、
黒石、津軽方面の方も、
十和田方面の方も(山の中なので十和田からかなり近いです!)
是非、お越しくださいませ!

09061403.jpg

どくんごのテント芝居は、たった一晩で消えてしまう、その儚さもまた魅力です。
一夜の夏の夢を是非、ご見物にいらしてください。
はじめてどくんごをご覧の方にとっては、今年の舞台がはじめてのどくんご体験というのは、とても素敵な夏の思い出になると思います。
また、先月の合浦での公演をご覧になった方には、また違った風景、そしておそらく以前見たところとは違った部分もあるでしょうし、新たな発見があると思います。

どくんごのサイトにてチケットご予約受付中です。
夏休みです!お子様も大歓迎ですので、ご家族連れで是非どうぞ。
たくさんのお運びをお待ちしております。

青いお正月。

一ヶ月のご無沙汰でした。
7月はどくんご青森公演からはじまって、あわただしい日々でした。
私事ではありますが、とてもつらい別れもありました。ダンスの師匠が亡くなってしまいまして…。
本当に人生はいつ誰がどうなるかわからない。未だに亡くなった感じがしないです。多分ずっと実感が湧かないままだと思う。もちろんダンスはこれからも続けますよ。

そしてその数日後には「梅ちゃんの青いお正月」を観にひとり仙台へ。
09073106.jpg
開演前ステージに上げていただいて、心優しいスタッフの方が撮ってくださいました。有難うございました。
私の今回の出番は「梅チーム」でした。
ひとり旅をすることなんて今世紀に入ってはじめてのことなのでかなり不安でしたが、行ってよかったー。やっぱり梅さんのステージを観ないと、なんか一年がめくれていかないわ。
皆様も、機会があれば是非、梅ちゃんのステージ、生で見てみてください!やはりライブは生ですよ!あの
「あっ、こっち見た」
「うわ、こっち来た」
「なんで私の腕をつかむの…?」
「てか私、なんで客なのに舞台でこんなことしてるの…?」
という具合に、気づけばどんどん深みにはまっていく魅力がありますよ。
そしてね、ライブで拝見する梅垣さんはいつもとってもいい香りがするのです。是非劇場で体験してみてくださいね!
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。