プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しのじゅんとトーク。

一ヶ月以上たっちゃったのですが、先日、しのじゅんこと劇作家の篠崎淳之介先生とおしゃべり会をしました。
議事録ということで、ノートに書いたことを箇条書きしまーす

・思い入れがたっぷりになると芝居は失敗する
・本をいかに読み込んでいるか
・ドラマとは凝縮された時間にある
・ステージに立つと言う事は生身をさらすこと。「生きて」いなければ仕方がない。死んだ肉体ではいけない。
・お客様にお応え・お返ししなければ。ましてやこんな時代だし。ステージに立つというのはそういうことでは
・常にナイーブであれ。やればやるほどナイーブでなければ。生き方の問題と同じ
・つらさを超えていかないと。舞台に立つと決めた以上それは宿命。舞台を降りるまでそれは続く
・苦労でつぶされちゃうとだめ。

こっから私の芝居へのだめだし。読みたい人だけあけて読んでね。芝居のネタバレにはならないと思います。

続きを読む »

スポンサーサイト

長内真理さんのリラックス体操講座。

青森市在住で世界的に活躍中のダンサー、長内真理さんのリラックス体操のご案内です。
7月のこれからの予定です。
老若男女、ダンスの経験問わず、いろいろな方、お気軽にご参加くださいませ。
都合のいい日にお越し下さい。

場所は松原一丁目6-15 電話734-0163
中央市民センターです。(棟方志功館斜め向かい)
 
7月12日(日)16:15~17:45 4階 小ホール
  18日(土)14:00~16:00  3階 集会室
  26日(日)16:15~17:45 4階 小ホール 指導 長内真理

各クラス500円です。

私も先日遊びに行きまして、久しぶりに真理先生と身体を動かしたのですが、とても気持ちがよかったです。
最近こういった動きはまったくしていなかったので、どういうことをやるのかな、私にできるかなと少し不安でしたが、はじめは呼吸をしながら足裏や足指のマッサージ。そこから次第に、にょろにょろ、ずるずるした動きへ入っていきました。
真理先生の動きは、たとえば種から芽が出て伸びていくような感じや、海草が海の中でゆれている感じ、自分の体が水の入った袋になって、波打ち際でゆれているような感じ。たとえばそんなことをイメージすると入りやすいと思います。
場の雰囲気も、和やかでいながら静かな集中の糸を切ってしまわず、かといっていわゆる「世界に没入」しきってしまわない感じで、今自分が台詞というか芝居というかでやろうとしていることと共通点が見出せるような気がして、とても興味深かったです。

一般の方はもちろん、普段青森でお芝居をされている方々にも是非、真理先生のリラックス体操講座、おすすめします。

母、拝命。

どくんごの演出の「どいの」さんに、撤収後の合浦公園(顔出しただけ)にて
「どくんごの母」を拝命仕りました。
子供たちがたくさんできたのだから母はがんばるでよー。
しかもみほしちゃん以外、全員、年上(笑)
さっそく息子がどくんごブログにて、母のすっぴんをさらしています。クリックすると、とんでしまいます。
子供たちは今朝早く大間を発って、今ごろは海の向こうの北海道。余市に向けて移動中です。
子供たちや、朝晩は寒いから寝冷えをしないで、元気に帰ってくるんですよー。

あ、そうそう。伝えそびれちゃったけど、どくんごとタンゴ、という組み合わせも新鮮、かつはまっていてとてもよかったです。もちろんそのほかの音楽もいいのですが、とりわけタンゴが印象的でした。
これからご観劇の皆様は、ファッションのポイントに何か赤いアイテムを使って劇場にお越しくださると、気分が盛り上がると思います。ご参考まで。

開場前のけんたさん。
09070601.jpg

どくんご青森公演終了しました

「ただちに犬 デラックス」青森公演、無事終了いたしました。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。
関係者の皆様、お疲れ様でした。

09070501.jpg


関係者の間から
「エゴイスト通信ってか、どくんご通信だよね」
と失笑が起きている感じのこのブログ。
多分、今朝起きたらブログをチェックしに来る人たちが、世の中に2、3人はいるであろう、ということで、書いてから寝ることにします。

えー、私の感想。一言で言うと
「繰り返し繰り返し続く、終わりのない心地のよい夢」
というかんじでした。

以前読んだ本に、あるバレリーナの方の言葉だったか、
「一回の本番にすべてをかけてしまうのはアマチュア。」
という言葉があったのですが、どくんごのお芝居を見ていて、そんな言葉を思い出し、
プロフェッショナルのお芝居というのは、たとえばどくんごのこういうことなのではないか、と非常に思いました。
うまく書けないのですが、一回一回に心をこめて、しかし倒れるまではやらない。
明日もあさってもその先も、旅は続いていくのだから。
いつ終るとも知れない旅をはじめた彼らの、
その旅の船出にふさわしい、とても心地のよい時間でした。
全員のシーン、二人のシーン、ソロ。かと思ったらまた変わってて、びっくりするようなことも起こって。とてもよい構成だと思います。
5人。というキャスト数も相まってか、とても「観客に晒されている」感じがしました。スタッフまでも晒されてました。
人前に立って何かを演じてみせるってことは、大変なことなんだよなあ、と改めて感じました。役者さんって、すごいなあ~(←ひとごと)

せーの、たっ

って5人が低い姿勢になった瞬間に、それだけでもう世界が変わる。
これはすごいことです。
ダンスをやっている人、ダンスをみるのが好きな人にも是非どくんご、見ていただきたいです。喋るコンテンポラリーダンス公演といっていいと思います。
私が注目したのは特に足首から先の、足裏、足の指の制御のしかた。
今回の青森は、多分、どくんごを古くから知っている人と、まったくはじめて見る人がいい感じにごちゃごちゃになったのではないかな。
まだまだ、もっともっと、たくさんの方に見ていただきたいです。
2500円あれば、居酒屋でお酒も飲めます。
ごはんも食べられるし、映画も見られます。
CDも買えるかもしれません。
でもどくんごの芝居だけは、夜のテントに来ないと見られません。
果たして今目の前で立ち上っている煙は、砂埃なのかスモークマシーンなのか、はたまた役者の体から立ち上る湯気なのか。
火炎の熱風を頬にかすかに感じることが出来るのは、ライブだからこそです。
明日目がさめたら自分は本当にチョコレートになってしまうのか。
眠る前に梅干を食べた方がいいのかどうか。
あの紙デッポウは果たして黒なのかガンメタなのか。
そんなことを思い悩めるのは、客席で立ち会ったればこそです。

旅はまだまだ続きます。
是非皆様、お住まいのお近くにテントがやってくる折には、是非たくさんのお運びをお願いいたします。
また、遠方のお友達にも「こんなのがあるんだけど、面白かったよ」と一声お声がけくださいませ。
どくんごという船を動かしてくださるのは全国のお客様です。
来年も、そのまた先も旅が続けられますように。
今年の旅はインターネットの効果もあってか全国各地の人々がお客さん同士で交流しあう、という今までに見られなかった現象が起きています。
「あそこの町にこんな広場があるんだけどどくんごでできないかな?」
「というか、私、呼びたいんですけど、どくんごってどうすれば来てくれるんですか?」
などなど、耳より情報ございましたら、どくんごさんhttp://homepage3.nifty.com/dokungo/index1.htmにお寄せくださいませ。
たくさんの人たちの力がいいかんじに広まって、旅がますます素敵な広がりを見せてくれることを期待しています。

青森公演を見逃した方!
青森見たけどもう一度みたい貴方!
8月11日火曜日、黒石市の旧・大川原小学校(お山のおもしぇ学校)でまたどくんごの芝居が見られます!
是非、お越しくださいませ。

さて。
夜が明ける前に寝るぜ。

いよいよです!

どくんごさん、青森入りしてますよー!
1日水曜に青森演鑑におとまり。
昨日合浦にテントを建てて、
今日は夜6時半からプレイベントの「タカヤ祭り」。
もうひとりの受け入れ担当のタカヤさん企画のライブまつりです。
どくんごスタッフのプラスマイナスゼロさんも出演いたします。タカヤマツリの入場料は当日2000円です。

そして明日はいよいよどくんご青森公演「ただちに犬 デラックス」本番です!
7時開場、7時半スタート、前売・ご予約2500円、当日2800円です。
ご予約今からでも間に合いますので、チケットまだお持ちでない方は是非どうぞ!
プレイガイドは青森演鑑、成田本店しんまち店地下、サンロード青森総合サービスカウンターにて発売中です。
今年の芝居もすごくイイらしいので、どくんごファンのみなさまはもちろん、どくんごを見た事がない方も、お芝居を見た事がない方にも、たくさんきていただきたいです。
歌あり演奏あり踊りありで今年は大道芸的な要素もあるらしく、屋内の劇場ではなかなかできないであろうあっ!と驚く見せ場もあるようです。

・ここのところ青森の気温はまた少し涼しくなってきました。
合浦公園は海のある公園ですから、夜は風が吹いて肌寒いことが予想されます。
テントには毛布もある、とのことですが、観劇中寒くないように、はおりもののご持参をおすすめいたします。客席にはちゃんと天幕の屋根がありますので万一雨が降ってもぬれませんのでご安心を。
・客席はいわゆる「ひな壇」状になっています。
他の地区のお客様で、「ミュールを履いていったら途中で脱げてしまい、客席の下のほうに落としてしまって裸足で見た」という方がいらっしゃいました(ちゃんと回収して靴はいて帰れたそうですが)。なのでかかとをホールドしてくれる靴だとうっかり落下を防止できていいかもしれません。
・「座布団は持っていった方がいいですか?」というお問い合わせをいただきました。
客席は平台にお風呂マットをはったものだそうです。もしマイ座布団あったほうがより快適そう、とお思いの方はどうぞお持ちください。
・私は今までどくんごテントで蚊に食われたことはなのですが(観劇歴20年弱、さされやすいA型女子です)、他の地区では「蚊に食われた」という声も挙がっております。気がかりな方は念のために虫除けスプレーなどのご準備があると万全かもしれません。
・公演終了後、テントにて軽く打ち上げをするものと思われます。土曜日の夜です。お時間の許す方は是非テントにてメンバーとおしゃべりして芝居の感想だの、青森の耳寄り情報だのお話いただければと思います。ペットボトルのお茶とかちょっとしたお菓子とか、もし余裕がおありでしたら少しでもお持ちよりいただければ、テントが華やかになって受け入れとしては大変ありがたいです。
・今年のどくんごツアーは物販があります!一個一個メンバーが手作りしてます!観劇の記念に是非お求め下さいね。
・土曜日本番、日曜日はテントをばらします。日曜の9時とか10時とかからぼちぼちばらすものと思われます。お手伝い大歓迎!テントの構造がどうなっているのか知りたい方、本番じゃないときのメンバーの姿を眺めたい方、その他もろもろ、よろしければお立ち寄りくださいませ。

明日のRABラジオにメンバー(多分まほちゃん)が生出演の予定です。出演時間はお昼の12時代の予定です。チェックしてみてくださいまし!
ご飯食べたら合浦を散歩がてらひやかしてくるかなー。
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。