プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛皮のマリー観てきました!

明日もあります!気になってる方は是非見てみることをおすすめ。上演時間は1時間15分と短め。椅子もふかふかなのでお尻も痛くなりません。
青森ではなかなか観られない感じの路線なので、観られてよかったです。「場面転換がおもしろい♪」というのは、劇場で生で観たときだけの醍醐味ですね。会場は大入り。開幕前にパイプ椅子の音が聞こえたので、補助席が出るほどの盛況だったのかも、
会場にはどうやら青森以外の町からいらしているらしき人々が多数お越しでした。多分東京からいらした方もたくさんいるんだろうなー。

2008年5月11日 (日) 15:30 -
会場:青森県立美術館シアター
料金:当日 3,000円

・手塚とおるさん綺麗だったー☆眼福眼福…。ファンの方は是非!
・若手の皆さん、がんばってました。コロスの男の子達が綺麗でこれまた眼福ー
・醜女のマリーがひとり語るシーン、すごくよかったです。
・劇場の椅子、ふっかふか。
・こういうマリーもあり、となれば色々なパターンで色々な人が演じていけばいいと思いました。美輪さん以外でもOK!というのはひとつの新たな指標だと思うし。

ビデオで演劇を見るのもひとつだけど、やはり生で観られるものは生で観たほうがいいなーと至極当たり前のことを思った土曜の夜でした。
スポンサーサイト

寺山関連。

現在、青森県立美術館では寺山修司展開催中。
ということで、成田本店しんまち店でも、お店の入り口付近で寺山特集やってます。
私はそこで「天井桟敷の歌姫」蘭妖子さんの「寺山没後20周年アルバム」サマータイムと、今さっき1983年収録のビデオ「毛皮のマリー」買いました。
もちろんマリー役は美輪さんです。
毛皮のマリーのビデオは、ネットで検索してみたのですが、現在は入手困難な貴重な品物のようです。
お値段は4900円。
まだまだビデオデッキ現役!で寺山ファン、美輪さんファンの方は是非いかがでしょうか。今晩これから観ます。とりあえず店頭にはあと2本並んでいます。
蘭さんのアルバム「サマータイム」もよかったです。聴きこむほどに味わいが出て。
没後10年の時に出たアルバム「惜春鳥」(せきしゅんちょう)もすごく良いですよ。今日行ったら数日前から2枚売れて、残り一枚になってました。惜春鳥は「田園に死す」に使われていた歌とか、たしかレミングの曲だったかしら?「世界の涯てまで連れてって」など、名曲ぞろいです!興味のある方は急いで!買って損なし。

昔、青森では5月になると「寺山修司祭」というのをやってまして、私も少しだけだびよん劇場でお手伝いをさせていただいたり、想い出があります。
没後10年祭の時、蘭さんが五拾いち番館でライブをしてくださいまして、そのとき私は長内真理先生のダンスに出していただいてオープニングアクトをつとめさせていただきました。
打ち上げで蘭さんはとてもやさしく声をかけてくださいまして…。懐かしい思い出です。あれから15年経つわけかあ。遠い目。

マイヤと六郎

ただいま芸術劇場
マイヤプリセツカヤと梅若六郎の共演見てます…。
今はお稽古で「ボレロ」かけて、即興でセッションしてそれが終ったところ。
うーん。すばらしい…。
プリセツカヤ、久しぶりに拝見しましたが、相変わらずお美しい…。
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。