プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

BBBサイト更新!

新管理人の高谷氏を迎え、リニューアルオープンいたしました!
チェックしてみてください!(クリックすると飛びます)
スポンサーサイト

北へ!北斗が!舞台装置その2 とか。

今回の舞台装置は「ロビーカー」と「機関車」にわかれていて、機関車担当は舞台監督でもあるNムラさん。エゴイストにも欠かすことの出来ない大切な人です。
ちなみに「舞台監督」というのは、大雑把に言うと、舞台上の進行すべてをつかさどる人。
照明や音響のタイミング、幕がある場合はその上げおろし、場面転換がある場合はそれをしっかり管理し…という、現場の要になる大事な役割です。舞台の下手袖(お客さまから見て左側)に控えて、インカムでスタッフさんたちとやりとりしながら指示を出します。スタッフさんは公演当日は、目立たないように黒の上下を着用することが多いです。

これはゲネプロの日、公演前日の機関車。「窓」のところに字幕が映ります。
08032601.jpg


本番では
08030904.jpg

きりりとしたラインと、キュートなヘッドマークがつきました!
このヘッドマークは担当スタッフさんが、ゲネプロ後、夜中自分のおうちでせっせと作ってくれたものだそうです。カッティングシートを使ってつくっているらしいです。なので色が均一できれい。かわいくて康子もお気に入りのヘッドマークです。出来る事ならお部屋に飾りたい…。

昨日は我が家で、なりちゃんからけんちゃんへBBBサイトの管理人引継ぎ式をやりました。
私はエゴイストなのに、なぜBBBの仕事ばかりしているのか、ちょっと謎。みなさんエゴイストのこともよろしく!いろいろ助けてね☆

「北へ!北斗が!」舞台装置そのいち

今回の舞台装置は、ロビーカー担当がKムラさん、機関車担当がNムラさん(舞台監督と兼務)、ということで、複数スタッフがいるってすばらしい!と思いました。
色んな人がかかわることで、より芝居の世界が多様化していく、というのがいいですね。
椅子一個からすべて手作りです!
ソファーは裏側から見ると、こんな感じ。写真をクリックすると大きくなります。
08032501.jpg

椅子を舞台上からみたところ。
08032502.jpg

椅子の後ろ側にちょこん、とはってあるのは「蓄光テープ」。暗転時にぼーっと光ります。
暗転時に役者さんが舞台上に出たりするとき、この蓄光テープを目印にして、つまづいたりしないようにするのです。
舞台袖にもいろいろな機材があり、うっかりすると足をぶつけて転んだりしてしまうので、蓄光テープは現場でかなり活躍します。

役者がガンガン座っても一切ガタガタしない、安心できる装置でした。
Kムラさんありがとう…。

「人間辞めても」観て来ました。

初日行ってきましたよ~
私はすごく楽しみました。
今後、どう展開していくのかはわかりませんが、
もっともっとわけのわからない、何がなんだかわからない方向に行ってくれるといいなー
と個人的にはひそかに期待してます。
日曜までアクセプさんの芝居小屋で上演中です。

精算会&送別会

先日は、「北へ!北斗が!」のチケット精算会でした。
収支決算のほどはわかりませんが、お客様に多数ご来場いただいたので、なんとか真っ赤っ赤は回避できるかも、とのこと。よかったです。

ビデオご覧になった篠崎先生からの感想も届いていました。
厳しい内容。とりわけ役者には。耳と胸が痛いです。でもありがたいです。だって死んでたらもうしかってもらえないんだから。

その後は安心市場でなりちゃんの『いってらっしゃいませ会』。
東京は2年間の予定、だそうです。
イチタクさんに「いい恋してこい…」と言われてました。
女子のみなさん、今まで封印していた思いが一気に爆発したのか、なりちゃん、モテモテですごいことになってました。
悲しい感じの別れは苦手なのであんまりしめっぽくしないようにします。そもそもお別れだとも思ってないし。おじさんにならないで、かっこよくなって帰ってきてね♪

それにつけても、なりちゃんのいないBBB、今後が正念場ですね。
いいたいことはざらっとかいつまんで座長に言いましたが、検証すべきはきっちり検証し、改善できる部分はきちんと改善に向けて努力して、今後さらによりよい公演が打てるよう、がんばって欲しいです。

「北へ!北斗が!」チームは、これで解散…で、いいのかな?
当面の康子はガッツリ休養しつつ、ダンスの活動をがんばります。エゴイストとしての活動はもう少し先。今回いらしてくださった大事なお客様へのお礼状など書きつつ、まったりすごしたいと思います。
新しい出会いもありましたし、色々な方とのご縁もさらに深まったと思います。速瀬のおねえさまにも報告しましたが、エゴイスト内での結束も大変強まった公演にもなりました。

今後ともゆるゆるモードでやっていきます。ブログ更新、まだまだネタありますので引き続き更新祭りは続きます。だらだらお付き合いいただければ幸いです。

誰もいない劇場。

「毎日更新するのが目標」とか言っておきながらこのゆるゆる頻度…
まあ皆様「想定の範囲内」ですよねー。その分だらだら長期連載にする、つもり。
エゴイストの予定もなんにも決まってないしー。
せっかくなのでしばらくの間この「だらだらした感じ」を楽しむことにします☆

ただいま絶賛休養中です。だいぶリペアできてきたかな?
明日はチケット精算&BBBサイト管理者でもあるなりちゃんが東京に転勤!ということで送別会です。

今日の写真は誰もいないアウガの客席…。クリックすると大きくなります。
この客席は引き出し式になっていて、壁に収納してしまうこともできます。
270~300席くらい。だと思う。

08031701.jpg


アウガは客席が近いのでかなり緊張するかなーと思ったのですが、皆様の温かい空気のおかげか、楽しんで演じることができました。
撮ってくれたかぶさんに「さすが!私好みの写真!」といったら
「そりゃそうでしょうよー」
と言われました。

アウガでのお芝居はなんというか
「大きくて立派な小劇場」
という感覚。
まあ今のエゴイストにはここを埋められるほどの集客力はないので、こういう普段立てない劇場に立つのも客演する時のお楽しみですね。

北へ!北斗が!写真館02

※写真をクリックすると大きくなります。

今回康子が自分で撮った写真の中で一番すきかもしれない写真がこちら。

08031201.jpg

まっきーとSS(左側に写っている照明のことです)。かーっこいーい☆
これはゲネプロ(本番同様のリハーサル)ではなく、場当たり(主に照明や音響のきっかけ、タイミングを中心に舞台上で調整したり練習したりすること…っていう感じの説明で果たして大丈夫なのだろうか…)中のショット。牧野さん演じる山上が、椿山伝説について語っているシーン。「麻里」の席からは、こんな風に役者さんが見えているわけです。
舞台上から見える舞台袖のSSとか、舞台袖から見える舞台上の景色とか、私は大好きです。
私は普段とても小さなところで芝居することが多いので、しっかりとした劇場に対する憧れが強いのか、文化ホールなどの空間にいると楽屋よりも舞台袖の雰囲気が好きで、今回も開場中、支度ができてしまったらわりと早い時間から舞台袖でコンセントレーションやお祈りをしていました。
舞台袖というのは、なんというか、楽屋と舞台と客席の空気が交じり合うところ、役者とスタッフとお客様の気配が重なる場所、という感じがして好きなのかもしれません。その日のお客様の気配を感じたり、「前列の端っこはどのあたりまで席が埋まっているので、今日はこのあたりで待機しよう」という微調整をすることもあります(お客様の座る場所によっては舞台袖で待機している役者が見えてしまうことがあり、お芝居の雰囲気を壊してしまうとよくないので)
私にとって舞台袖とは、
「決して自分ひとりの力で舞台に立っているのではない」
という至極当たり前の、でもとても大切なことを実感できる空間なのです。

それともう一枚。
08031202.jpg

椿山伝説について語り出す山上を見つめるツネ。
どうですこのツネ役のくにさんの、山上を見つめるラブな目線!
コンビ芸の真髄を見せていただけたような気がいたしました。

北へ!北斗が!写真館01

お待たせいたしました。
北へ!北斗が!更新祭り、はじまるよー!

役者さん、BBB関係者さんもしばらくの間はチェックに巡回なさると思うので、
・ゲネプロ画像(撮影・かぶさん)中心に今回の芝居の雰囲気が伝わるような写真をしばらくの間続ける

・舞台周辺のはみ出しショットと四方山話

・康子関係

・いつものエゴイスト通信営業へ
という緩やかなフローチャートをくんで、一日1更新を目標に、だけれども無理はせずにまったり書いて行きたいと思います。

08031001.jpg


これは3景の、車掌がのりちゃんの話をしているあたりかと思います。
芝居の、かなり核になっている部分ですね。
今回の装置は、ロビーカー担当K村さん、機関車担当がN村さんだったようです。
照明は創芸企画のO引さん。
創芸さんは照明関係でエゴイストもお世話になっていますが、ナイスな職人ぞろいの素敵な方たちです。

終了しました!

「北へ!北斗が!」
終了いたしました。

ご来場くださった皆様、その他お心を砕いてくださった皆様、ありがとうございました。
関係者の皆様、ありがとうございました。打ち上げで職人さんたちとたくさんお話できて楽しかったです☆
なんかすごくたくさんの方から「エゴイスト通信見てます」とお声をかけていただきまして、うれしいようなびっくりしたような。
できるだけちょこちょこ更新するようにいたしますので遊びに来てくださいね。
「コメント」ってとこ押せばコメント投稿できますので、よろしければなんか書いていってください。

やっとほっと一息ついたのか、眠くなってきましたので、おやすみなさいませ。

BBB公演案内「北へ!北斗が!」

BLUES BLUE BROTHERS 第3回旗揚げ公演

「北へ!北斗が!」

作 篠崎淳之介
演出 山田秀樹

■日時 2008年3月7日(金)午後7時開演、
3月8日(土)午後2時、午後6時30分開演(いずれも30分前開場)
※金曜夜と土曜夜の夜公演は開演時間が異なります。ご注意ください。

■場所 アウガ 5F AV多機能ホール

■前売券 一般1,500円(当日300円増) 
大学生 1,000円 高校生 500円 中学生以下 無料

■チケット販売 
青森演劇鑑賞協会、サンロード青森一階総合サービスカウンター、
成田本店しんまち店地下プレイガイド、青森市文化会館、
青森市民ホール(旧ぱるる)、青森中三1Fインフォメーション

※プレイガイドまで行くお時間がない、プレイガイドが遠い、というお客様にはチケット予約も承ります。
メールにて、「北へ北斗 チケット予約」と件名をお書きの上、
お名前(苗字だけ、ハンドルネームでも結構です)と枚数、券種(一般、大学、高校生の別)おわかりでしたらどの回の公演をご覧になるか
(チケットはどの公演も共通ですので、どの回に来られるかおわかりにならなくてもお求めになれます) をお送りくださいませ。

メールはこちらのページの右下の「メール」アイコンをクリックしてください。(クリックすると飛びます)

ご予約いただいたお客様は、当日直接会場におこしになり、受付にお名前をお伝えください。前売り料金にてご入場いただけます。

■お問い合わせ 電話 070-6497-2968 
また、こちらのブログにコメントをいただいた場合も、私(高橋康子)にわかる範囲内でお答えいたします。

あらすじ

上野~札幌間をつなぐ寝台特急「北斗星」。
その中に乗り合わせたさまざまな乗客たち、そして乗務員のおりなす人間模様。
兄の葬式のため北へと向かう、長年連れ添った夫婦。
追っ手から逃れて飛び乗ったやくざの娘とその恋人の売れない俳優。
休暇中の探偵に入る一本の電話。突然の仕事。その依頼とは…。
旅行者の間でささやかれる公然の秘密、「のりちゃんのすすり泣き」とは…。
星空に輝く北斗七星は、彼らの明日を照らし出すのであろうか?

10代から60代、ベテランから新人まで、さまざまな役者が出演。
明るく、やさしいタッチで描きます。
ぜひ、ご来場ください!

※※※

この記事は、公演終了まで常時トップに上げておきます。
稽古場通信などの通常ブログは、この記事の下に更新されます。

いよいよ本番です!

■日時 2008年3月7日(金)午後7時開演、
3月8日(土)午後2時、午後6時30分開演(いずれも30分前開場)
※金曜夜と土曜夜の夜公演は開演時間が異なります。ご注意ください。

■場所 アウガ 5F AV多機能ホール

■前売券 一般1,500円(当日300円増) 
大学生 1,000円 高校生 500円 中学生以下 無料


です!
上演時間は一時間四十分を予定しております。

会場でお待ちしております!

いよいよです

もう、本番終わるまで、更新できないかもしれません。
まもなく上演です。
篠崎淳之介最新作、是非お越しください。
エゴイストの次回公演は、例によって、未定です。とにかくこの舞台を無事につとめられるよう、それだけを考えている今日この頃です。
康子もエゴイストではまず演じないであろう役柄を演じてますのでエゴイストをごひいきにしてくださる皆さんも是非ご期待ください。
けんちゃんとのナイスカップル(笑)ぶりが見所です。お楽しみに。

■チケット販売 
青森演劇鑑賞協会、サンロード青森一階総合サービスカウンター、
成田本店しんまち店地下プレイガイド、青森市文化会館、
青森市民ホール(旧ぱるる)、青森中三1Fインフォメーション

 | ホーム |  page top