プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛と青春の宝塚。

先日、「愛と青春の宝塚」というドラマのビデオをレンタルして観ました。
4年ほど前にフジテレビで作られた、2時間ずつの前後編、計4時間のドラマです。
昭和11年の音楽学校入学試験から、終戦までを描いています。
これ、それほど期待せずに、「一応押さえておくか」くらいで借りたのですが、なかなかどうして、面白かったです。泣きました。脚本は大石静さんです。

雪組の大スター、リュータンに藤原紀香さん。
さすが兵庫県人!「トップさん」を堂々と演じきっています。
研一生全員を引き連れてすき焼きやに行き、「食べっぷりの悪い子はトップにはなれない!」と肉をバンバン持ってくる面倒見の良さなんか、ホント、トップさんです。いい年をして恋をすると中学生みたいなところも、女の園で育った免疫のないお嬢様、という感じで妙にリアルです。
空襲の時に後輩のタッチーをかばい、顔半分に痛手を負い、舞台を去りますが、女の幸せもつかみます。

リュータンの次世代を担うスター、タッチーに木村佳乃さん。
伯爵令嬢の生まれですが両親を不幸な形で亡くし、使用人に家畜以下の扱いを受けながら育ちます(生瀬さんがイヤーな「育ての父」を怪演)。椎名桔平さん演じる作・演出家に目をかけられ、逃げ場のように宝塚に。気づけばたくさんの人がタッチーに惚れているが当人まったく自覚なし、という天然小悪魔。長年にわかり、宝塚のスターとして君臨することになります。つるんとした和風美人なので宝塚メイクがよく映えます!

タッチーの同期生・九州出身のはねっかえりのお嬢様に米倉涼子さん。
あの美貌ですし、モデル出身バレエ経験者ですから、稽古も舞台も姿が綺麗です。あんなダンサー男役がホントにいたら人気が出るんじゃないでしょうか。
ユースケサンタマリアさん演じる画家を志す清に見初められ、はじめは毛嫌いしていましたが段々心が通い、戦死したとばかり思っていたのが片足を失いながらも帰って来た清を見て、宝塚のスポットライトを捨て、清の脚として生きていく決意をします。
米倉さんは昨今、すっかり「おすまし悪女」が定着した感がありますが、このドラマでは顔をくしゃくしゃにしながら「死んだらゆるさないからーーーーー」とかやっていて、こっちの米倉さんのほうがなんだか好きだなあ、と思ってしまったり。

孤独な影が付きまとう野心家・トモに中谷美紀さん。
男役で入団したのですが、娘役トップが欠けたのを見計らって鮮やかに娘役に転身。同期生から娘役トップの座を奪い、4年にわたって真ん中に君臨します。
実は死の病におかされていて、最後は「花火の様にパーっと、板の上で死にたい」という望み通り、レビューの最中に亡くなります。死力をつくして舞台に立つ中谷さんの笑顔が壮絶でした。
余談ですが、舞台の上で死ぬのは、共演者の皆さんに多大なご迷惑をかけるので、私はやめとこう、と思いましたですはい。

…という豪華キャストで、隠れキャラの様にOGの浅丘雪路さんが出てきたり、ファンとしては楽しかったです。

この時代から現在にかけてなお宝塚の頂点に輝きつづけている至宝・春日野八千代さんのことを思いながら観ました。
大劇場閉鎖、というエピソードはこのドラマでも重要な位置を占めていますが、その時実際に舞台にいらした春日野さんは
「宝塚は不死鳥ですから、また必ず皆様にお目にかかります」
とおっしゃったそうで、その時のお気持ち、というのはどんなものだったのだろうと、計り知れないものを感じました。

やはり戦争というものを乗り越えて今があるわけで、菊谷栄先生や淡谷のり子先生のお顔も頭の中にちらついたりします。
今という時代が本当に平和かどうか、私には疑問なところもありますが、でもやはり歌舞音曲というものは世の中が平和だからこそ成り立つ世界なわけで、多少貧乏なのはもうそれはそれでいいから、とにかく平和な世の中であって欲しいものだなあ、と願わずにはいられない今日この頃です。
スポンサーサイト

アトリエ公演。

先日はうちのスタッフの皆さんと、支木さんのアトリエ公演に行ってきました。
昨年のアトリエ公演は、うちの「目出し帽の少女」と日程がだだかぶりだったため、アトリエ移転してからはじめてお邪魔しました。港町のコリエンテの近くです。
結構、独特な雰囲気の会場で、演鑑で公演した場合よりもっとこじんまりして、さらにアットホームになったような雰囲気、という感じ、でしょうか。
あまり作りこんだ芝居よりは、素材をそのまま切って皿に乗せただけ!というような、新鮮な演目が似合いそうです。
「べっかんこ鬼」は、役者さんの熱演で、大変見ごたえのある作品でした。
紀子さんの清らかな少女&若妻ぶり…あの年齢不詳さ、あやかりたいです。
若手の皆さんが、今後何を思い、どう活動を展開させていくのか、そういたことにも興味があります。若手から発動するような企画も今後あれば楽しみですね。

こういう小さな芝居をアトリエでやって、地域の人たちに活動を報告し、経験を積んで力をためて、また季節のいいころに大きなホールで本公演…という活動形態がうまく循環している、というのは劇団として、とてもまっとうなことだなあ、という気がしました。

勝手な事を言わせてもらえれば、時々は演鑑あたりで小規模公演をやってくれると、一般客としてはありがたいです。通いやすいので…^^;
関係者の皆さん、お疲れ様でした。

レンタル三昧。

水曜日はツタヤが何かとお得なので、ちょこちょこDVDを借りに行ったりしています。
今週は
アステアとロジャースの コンチネンタル
ヴィヴィアン・リーとローレンスオリヴィエ!!の 美女ありき
そして デートリッヒの 嘆きの天使

という名作たち。
そして

宝塚TMP音楽祭

を借りました。
東大野のツタヤはなぜか90年前後の音楽祭が豊富なので、その辺りがお好きな人にはおすすめです。
このビデオは某・2のつくチャンネルの「思わず赤面してしまうあのシーン」スレで絶賛されていたので借りてみました。
確かに、見所満載です。
吹けば飛ぶようなぺらっぺらの書割の「ロンドン2階建てバス」のセット。
TOKIOを歌う皆さん(含む天海祐希さん)の、「8時だよ!全員集合?」みたいな変な半被(しかもボトムはキャッ○・アイみたいなスパンテックスのカラースパッツに白ブーツ)。
しかもその後の曲は「大都会」。歌い上げる日向さん。
「青い珊瑚礁」をうたうこだま愛さんの聖子ちゃんカットの鬘。そして聖子チャンっぽい歌い方や首の使い方。

そしてなんといっても、
紫苑ゆうさんが熱く熱く歌う「抱きしめてトゥナイト」。
一体なにがシメさんをそうさせるのか…と思わずにはいられない。思わず今からでも音楽学校に手紙を書いて
「これからもどうかその宝塚愛を生徒たちに教えつづけていってください!」
とお伝えしたい、そんな気にさせる熱演でした(紫苑さんは現在、宝塚音楽学校の先生をなさっています)。
あ、あと、大浦さんの「つけまつげ、そして光るあごひげ」という他ではちょっとみることのできない「大いなる顔の世界」も楽しみました。

それから、コンチネンタルもみました。
アステアの出ている映画は何だって好きです。
実は「ゴールデン・コンビ」と呼ばれたジンジャー・ロジャースと共演している映画を見るのはこれがはじめて。
確かに、ダンスシーンの息の合い方はすばらしいです。
ペアで男女が踊る場合、カップルバランスというのがあって、男性の身長に対して、女性は高すぎてもよくないし、といって低すぎてもこれまたよくなかったりします。
あと一人ひとりの個性が出会って「二人」となった時にかもしだすハーモニー。
男性のリードはとても大切ですが女性も一人で立派に踊れなければならない。アステアの相手役ならばタップも一流でなければなりません。
ロジャースは、軽々と難しいことをぱっ、ぱっ、とやってしまうので、驚きです。
パドブレしながら回転するときもとても細やかで、まるで回り舞台の上に立っているようでした。
それから、出てくるドレスがどれも素敵!
群舞の人が着ている白と黒のドレスなんか、
「あんなの売ってたら私も競技会で着て踊りたいな」
と思うようなものでした。

まあそういったかんじで、ちりぽり栄養をとって、また何らかの作品をぽつりぽつり生み出せるよう、ゆっくりと精進したいと思いますです。

冬の訪れ。

ついに町にも雪が降り、今年も冬がやってきますね。
皆さんお風邪を召しませぬよう、ご自愛くださいませ。車の運転もお大事に。

今日はACACに行って、インスタレーションを見物して、アーティストトークを聴いて来ました。
色々な人の表現に触れてみるのもまた自分にとって刺激になったりもします。
アーティストトークでは、そのアーティストが、このACACだけではなく、色々な場所で色々な作品を作ってきた様子を知ることができるので、この作家さんにはそういう一面もあるのかーとわかって、楽しかったです。
私で言うと「私のお父さまが吸血鬼で血まみれ」って言ってた次の週に
「まめの まめの へふりじっこだじゃー」
ってやったりもする、というような感じです。

それから、とある人とお茶しながら、とある企画について少し話をしました。
エゴイストの企画ではないんですが、来年あたり、何かこじんまりとやれるといいね、という感じです。

エゴイストとしては、今は
ワインを作ろうとして畑でぶどう作ってるけど、ぶどうがいいのか林檎がいいのかはたまた桃か、それにワインじゃなくて別なものができるかも…。
というような、そんな状況です。
まあ、去年の正月から「それらの夏の日々」の稽古をはじめて、その後小雪組やbbb、ロンリーウーマンも交えながらエゴイストとして3回の公演を打ち、気づけば2年が過ぎていた、という感じなので、ここらで本腰を入れてインプット作業をするのもいいかな、と思いまして。劇団の活動としては立ち現れてはきませんが、社交ダンスの活動もあり、そっちは芝居で言うところの「本番」が年に七回ほどはありますので、結構毎月、何らかの活動はしているんですよ。

まだ、あまり色々なことは言えないのですが、来年は芝居でも、エゴイスト以外の舞台に立つかもしれません(あくまでも「かも」です)。

というわけで、来年のエゴイストは何がどうなるかまだ全く未定ですが、エゴイスト以外でお目にかかることもあるかもしれませんし、また気まぐれを起こして突然何かやるかもしれませんし、まあ、今後ともよしなにお付き合いいただければと思います。

近況。

こないだの日曜日、今年最後の社交ダンスの競技会が終わり、一息つこうとしたのもつかの間、突然にテレビのロケが入り、行ってきました。
再現ドラマの役者、と聞いていたのですが、行ってみるとある番組のレポーターでした。
当方、アドリブが効かない人間なもので、いっぱいいっぱいできょどってばかりの撮影でしたorz。本当に、のみの心臓で知らない人に話し掛けたりとかできない人間なので、本当にいっぱいいっぱいでした。
飛行機で東京からやってきたディレクターさんと「まるで電波少年みたいだね」と話したり。
でもまあ、この経験のおかげで、ニュース番組で一般市民の方々のコメントをどう引き出して撮っているのかなとか、ドラマをちらっと見ても、これはこういう風にして撮っているのかなとか、少しテレビの見方というものも拡がったような気がします。
番組の性質上、「○チャンネルの○○という番組です!」と言えず、OAも未定、確実にOAされるかどうかもわからない、という感じなのですが、ディレクターさんいわく「年内には放送したい」とのことなので、もしも偶然テレビで私を見かけたら、「ああー、きょどってるなー」とニヤニヤしてくださいね。ちなみにゴールデンの全国放送です。
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。