プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

12月より宝塚のビデオ50%オフ!!
来たわああ!! 待ってろファントム!!

http://kageki.hankyu.co.jp/

スポンサーサイト

トップ絵替えました。

サイトのトップ絵、替えました。
06103101.jpg

これは、去年の秋、演劇鑑賞協会に機材を持ち込んで簡易スタジオにし、小雪組解散公演「女の歳時記」の歌を録音しているシーンです。
私は歌の出番はほとんどなかったので、山田さんのソロにコーラスをつけているか、お蔵入りになっている珍曲「死神マンボ」を歌っているか、どっちかだと思われます。

あ、ちなみにこの日はエゴイストの「目だし帽の少女」の、「目出し帽愛のテーマ」という曲もとったのですが、何度も高音をはずしてしまい、結局この日はOKテイクが出なかったんです。杉浦さんの作ってくれた小雪の歌は一回か二回歌えばOKが出るのになぜか自分で作ったエゴイストの歌は歌いこなせないというヘタレでございます。

差し入れのドーナツを食べながら、猿のような表情を浮かべております。
今後はこうした、作品本編からは窺い知ることのできない、裏話的な写真やブログなんかも、気が向いたときに書いてみようかなと思います。
私は自分の容姿には自信が持てないほうだったのですが、こんな顔した写真も「これはこれで愛いやつ」
と平気で人様に見せられるようになったのも、目出し帽を演じた経験からなのかもしれません。

郷土の先輩たち

先日、ゆーさ浅虫の、淡谷のり子展に行ってきました。
11月19日日曜日までということなので、また行ってきたいと思います。
淡谷さんの舞台衣装、毛皮、香水などの化粧品(ゲランの製品が多かったです)、アクセサリー(イヤリングがゴージャス!)愛用の食器、ご自身で編まれたレース、パネルにて紹介されている流麗なエッセイなど…。
淡谷先生はマレーネ・デートリッヒを敬愛していたようで、なるほど服装のセンスにしろアーチ型の眉にしろ、唄を通して平和を願いつづける心にしろ、おふたりの間には共通点が多いな、と思いました。
例えば美輪明宏さん(大ファンです)がテレビの中や講演会で、ちょっと毒舌なところもある世直しトークなんかをされているのは、淡谷先生の分も後輩たちに伝えなければ、という思いがおありなのかなあ、と思いました。

最近、今さらやっと郷土の作家や先人たちに興味が湧いてきて、高木恭造先生の詩とか、菊谷栄先生の活動とか、そういうことを勉強しなおしたいなあ、という思いが芽生えています。
この間、市民図書館の郷土コーナーに、大好きな蝦名泰洋さんの歌集
「イーハトーブ喪失」
があったので一気に読みました。
かりん、と薄いガラス細工が震えているような、繊細で儚げな、大いなる喪失感。

もう久しくお目にかかっていませんが、元気にしてらっしゃるといいな。

川崎先生のコンサート。

先日、作曲家の川崎祥悦先生のコンサートがぱるるであったので行ってきました。
前半は先生が作った合唱曲や青森市民歌など。
後半は劇団雪の会の劇中歌やじょんがら万燈の曲など。
役者さんでの出演は田中こーちゃん、村田りっちゃん、そして「あの日も見えてだ天の川」で久しぶりにキューちゃんの姿も!相変わらず、というかますます美しさに磨きがかかっていて嬉しくなりました。
そしてそうそう、客席にはしのじゅん夫妻の姿が!
新幹線でお越しになったそうです。
お会いできてよかったです。

雨ですね。

この週末(そういえば連休なんですね)もイベント目白押しなので、あんまりお天気が荒れるのはちょっと嫌です。
皆さん、風邪など召されませぬよう、ご自愛くださいませ。

最近観た映画とか。

ツタヤで水曜日借りると、女の人は100円引きで借りられる、ということを最近知りました。
だから240円→140円で借りられるの。
3本借りても420円だから、ちょこちょこ借りています。
最近観た中でとてもよかったのが

永遠のマリアカラス

これ本当に良かったです。
実際にマリアカラスと親交のあった監督が描いた、晩年の(というには若すぎますが)カラスの姿。
映画を見終わってから、ポスターに書いてある
「神様、もういちど声をください」
というコピーを目にしてしまうと、また胸がしめつけられるような思い。
「サンセット大通り」のノーマもそうですが、往年の大スターが50代を迎え、過去の大きすぎる栄光と現在のあの頃とは違う自分との狭間で苦しみ、そして超えられない壁…。という映画は、なんというか、身につまされるというと恐れ多いですが、でも、自分がその年代になったとき、どう生きていくか、活動していくか、というモデルケースとしてはとても参考になります。
私は、80になっても舞台に立っていたいと思うほうなので、60過ぎてなお中堅(ベテランではない)、という歌舞伎の世界なども少しずつ興味を持ちつつ、ゆっくり活動していきたいな、と思っております。

そのほか観た映画(ほとんどが再見)
→エトワール、パリの空の下セーヌ川は流れる、上海特急、シェルブールの雨傘
あとは宝塚と社交ダンスと歌舞伎を交互にBGVにしている、そんな今日この頃です。
 | ホーム |  page top