プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

はじめての人たちと。

昨日は、前回公演を見に来てくださったお客様二人をお招きして、アウガ和室にてちょっとお稽古めいたことをしてみました。
お二人とも朗読がお好きな方なので、手持ちの本を読んでもらったり、手持ちの台本(今試しに書いている新作と、ラビリンス)の読み合わせをしてみたり。
お二人とも初見でばんばん読めて、すごいなー。
時々集まって、色々な台本の読み合わせなんかをして遊んでみようかと思っています。
私も機会があればお芝居ごっこをしてみたいと思っていた!エゴイストの稽古に遊びにいってみたかった!という方、もしいらしたら、今がチャンスです。メールでその旨ご連絡ください。
スポンサーサイト

ボランティアはじめ。

昨日は図書館の朗読ボランティアの日でした。
7階の奥の片隅に、間口一間位の小さな部屋があり、そこが朗読スタッフの部屋です。
壁は視聴覚室みたいにぽつぽつしていて、二人が向かい合って座るテーブルと椅子。テーブルの上には録音用のカセットデッキとマイク。ちょっとしたスタジオ気分です。
私は初日だったので先輩とふたりで組んで、発声練習などをしました。
めちゃめちゃ久しぶりに「あえいうえおあお」とか言いましたよ~。
あとは川柳などお好きな利用者さんがよくいらっしゃる、ということで、東奥日報の歌壇コーナーをテキストに歌を読んでみたり。読めない漢字や普段使わない単語続出でなかなか難易度高め…。
あとは先日利用者さんがいらして41ページまで他のボランティアさんが読んだという永六輔さんの「終」という本を朗読してみたり。
「歎異抄ーたんにしょう」「戯作者ーげさくしゃ」など、頭の片隅にはあっても普段自分の話し言葉には出てこないフレーズが唐突に出てくるので、脳味噌も鍛えられたような感じです。
朗読してみて感じたこと…舞台と違い、防音のきいた部屋でピンポイントに目の前の人に向けて声を発するのは、かなり難しい。緊張すると相手に伝わってしまうし、声が震えたりしやすい。あと喉に負担もかかりやすい。「つっかえずに読む」事にばかり気を取られてしまって、うわっつらだけの朗読…あれ?何を読んだか全然覚えてないぞ…ということのないように注意。
いいと思ったこと…脳味噌を使うし、喋るには酸素が必要なので段々と身体の循環が良くなる感じ。あと口をいっぱい動かすので、顔の筋肉が鍛えられてフェイスリフト(たるみ防止)効果もあるかも?
利用者増加、PRはまだまだこれから、といった感じのボランティア事業ではありますが、自分自身のトレーニングとして、楽しくやっていきたいと思います。
先輩いわく「今まで朗読した中で一番読みやすかったのは黒木瞳さんのエッセイ。大変だったのは救命救急病棟の話」とのことだったので、さっそく黒木さんのエッセイを借りて練習しています。
色々なものを声に出して読むという作業を通して、演技者として、劇作家として、色々と引出しが増えるといいな、と思います。
もしこのボランティアを長期的に続けていこう、となったら、将来的には対面朗読(障害)だけでなく、紙芝居(児童)の方にも参加してみたいなという気持ちもあります。
障害のある方/高齢者の方/ちいさな子/その保護者の仲立ちとして、朗読や紙芝居や、演劇的な「なにか」をとらえる、という社会的な目線も少しは感じていようかな、と思う今日この頃です。

装置作りは空間づくり。

芝居の裏話は見えるところから、ということで今日は装置の話をします。
この写真は、前回公演の会場だったパリスビルの7階です。
06041901.jpg

要するに、ビルの空きテナント。まっさらな事務所用の部屋です。
これが、
06041902.jpg

こうなるわけです。

続きを読む »

芝居をつくる仲間たち。

よく、エゴイストの公演のパンフレットとかサイトなどで「新メンバー募集」とか書いてますけれども、もしかしたらそれを見てくださっているお客様に、「どんな人たちが公演を作っているのか」ということまでは伝わっていないのかもしれないなあ、だからあまり反響がないのかも…などと思い、少しずつ、「どんな役割の人たちがいて、公演が成り立っているのか」ということを、書いていこうかな、と思います。
06041821.jpg

エゴイストの公演の場合、作者(原作者)、構成、演出、助演出、音響操作、照明操作、衣装、装置、小道具、宣伝美術、制作、当日受付、記録(写真とビデオ)等のスタッフと、役者によって成り立っています。こうして見ると、結構な役割があるんですね。
エゴイストは人数の少ない団体ですから、大体の人はそれらの役割を掛け持ちして行っています。

エゴイストの演出は、旗揚げから今まで、一貫して康子が行っています。
今後、他の人に演出をお任せする予定も、特にありません。
去年あたりから、エゴイストの旗揚げメンバーであるカブさんと、BOPの公演からの参加で、エゴイストをがっしり支えてくれているN村さんに、助演出をやってもらっています。康子は演出と役者を兼任しているので、例えば自分が着替えなければならないシーンでは通し稽古で目が届かなかったり…などということもありますし、演出以外の人が芝居についての印象や感想、時には指示などを出すことによって、関与してくださるスタッフさんや役者さんも、少しは自分の思っていることを言いやすい空気が出せればなあ…と思っての事です。
エゴイストの場合、演目は演出が決めます。
「エゴイストのオリジナルが観たい」という声もちらほら頂いております。私にとっては、自分が手がけた作品はすべて「オリジナル」という気概でやっているのですが、オリジナル(康子が書いた脚本)を待っていてくださるお客様は、「あたりはずれがあってもいいから、お前の考えていることはなんなんだ」みたいなことを知りたいと思っていてくださっているのかもしれません。今、少しずつ、台本も書き始めています。役者さんがまだ決まっていないのに台本を書き始める、というのは私の人生始まって以来の事です。この辺の人が演じてくださればいいな、という思いはありますけれども、皆さんお忙しいので実現できるかは分りませんが、気長に待っててくださいね。

このシリーズしばらく続けてみます…。
06041822.jpg

染物…。

今回は衣装その他がいろいろと大変でした…。
06041508.jpg

これは「桜の樹の下には」の台本の表紙を染めているところ…
出来上がりは

060451509.jpg


こんな感じです。

芝居が終って…

各自それぞれの生活と活動に戻りました。
私も休む間もなく月曜日は社交ダンス、今日火曜日はストレッチ&バレエのレッスンです。

打ち上げは栄町の大好きな「泰苑」でした。
はじめてタイ料理を食べた子も居たのですが、みんな美味しそうに食べてくれてほっとしました。
おいしいものは幸せな気分になりますねー。
みんなろくに芝居の話もせずに、がつがつ食べてしまいました。
打ち上げの途中で、ある人が
「芝居ばかりではなく、生活も充実させたい。いい材料を買ってきちんとお料理を作ったり、テレビを見ながらほっとしたり、そんな時間を持ちたい」
と言っていましたが、気持ちわかるなーと思いました。
以前、手塚とおるさんが「芝居を頑張るために必要なことは、芝居以外のことを頑張ること」ということを言っていて、当時まだ若かった私は完全にはぴんと来ていなかったのですが、年齢を重ねていくにつれ、その言葉をしみじみと思い出すようになりました。

次回公演は、ゆっくりと、考えていきたいと思っております。今度はお客様にリラックスして観ていただけるような作品もやってみたいな、と思いました。

しばらくは、大好きな梅垣義明さんの新しいDVDを見ながら、残務整理と怒涛のお片づけです。

今後とも、よろしくお付き合いくださいませ。

公演終了!

第十二回公演「春の小品集~百年経ったら」終了いたしました。
ご来場いただいた皆様、応援してくださった皆様、
誠にありがとうございました。
06041001.jpg
ことに日曜日3時の回にお越しくださった皆様、デモとその他のにぎやかな車がひっきりなしに訪れ、前半3本は本来の芝居をお見せする事が出来ず、大変申し訳なく思っています。悪条件の中最後までみていただき、ありがとうございました。

06041002.jpg


稽古を何回してもやはり一度公演を打たないと分らないこと、というのは色々あって、一回公演するより三回公演することでまたそれぞれ違う点もあり、役者もスタッフも、色々と鍛えられた点があったのではないかと思います。
公演を通じて思ったことはこれから小出しにして書いていこうと思います。
エゴイストとしての次回公演は未定ですが、今回出演してくれた川村嬢は6月に支木さんのミュージカルに出演、康子とカブさんは7月に文化ホールにてダンスサークルの公演に出演予定です。

冬場の稽古は通うのが大変でメンバーもかなりしんどかったと思うのですが、やっぱり公演を打ってみて思うのは、「やってみてよかったな」ということです。
公演ごとに作品も色々ですので、今回はちょっと好みでなかったな、という方も、是非、2度、3度とご来場いただき、活動を見守ってくだされば、と思います。

しばらくは残務整理をしつつ、お互い自分の生活をしっかり送りながら、ゆっくり風呂入ったり雑誌でもテレビでもみながらほっと一息できる時間を持ちながら、仕事や趣味を頑張って、ネタ作りをしたいと思います。

今後ともよろしくお付き合いくださいませ!

幕あがる

一日目の公演にご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。
今日の3時が最終公演です。
よろしくお願いします!
06040701.jpg

仕込み

昨日は照明の仕込をしました。
空間が段々と劇場になっていくさまを見るのは、大変ドラマチックで気持ちが良いものです。
今日はゲネプロ。
なんかべたなことを書くようですが、
仲間を信頼して、
お客さまがひとりでも来てくださる以上は心を込めて、
自分にはできると信じて、
やることだなあ、という感じがしています。

明日3時からと7時半から、あさって3時から、いよいよ本番です。
皆様のご来場をお待ちしております。

06040603.jpg

会場にて。

会場に入ってぼちぼち仕込み始めました。
オーナーさんがとても良くしてくださって、ゆったりと貸してくださるのでとてもありがたいです。
床にはパンチを敷き、舞台面にはたいそう美しい別珍の黒幕が吊られました。
今回は珍しく舞台装置もありますです。

写真はお稽古に余念のないのりちゃんです。
06040401.jpg

いよいよです。

いよいよ一週間をきりました。
とにかく、事故なくけがなく病気なく、無事に終わってくれること。ただその一点を願っています。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。
 | ホーム |  page top