プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

演者と観客。

知ってる人は知ってることですが…。
私、梅ちゃんこと梅垣義明さんが大好きなんです。

梅ちゃんも今頃きっと、新作のお稽古頑張ってるんだろうなあ。
ということに、さっきハタと気づいて、梅兄ちゃんに念を送っているところです。

六月に青森でもライブありますよ。
是非みんなで行ってライブを盛り上げましょう!!
ここ数年、終演後はいつも握手会をしてくれるので、生梅ちゃんと言葉を交わせるチャンスです☆
私、時々、知らない人に「梅ちゃんのときいつも来ている人ですよね?」とか声かけられたりします…。あと「○○で子供ショーやってましたよね?」とか。もうかなり昔のことなのに。ありがたいことに、お客様は忘れないで居てくださるものなのですね。

梅垣さんのライブをはじめて見てから、はや10数年のときが経ってしまったわけですが、梅垣さんのみならず、スタッフの方まで、ありがたいことに私と相方のことを覚えていてくださって、うっかり普通のワンピースなんかで行くと「今日は地味ですねw」とか声をかけられてしまいます。
梅垣さんをずっと応援していて、また自分も舞台にそこそこ長いこと立ちつづけていて思うのは、「観客と演者」というリレーションシップは確実にある、ということです。
観客は舞台の上の演者からパワーをもらうわけですが、舞台の上の演者もまた、観客からパワーをもらっているのです。
私の劇団は、どこから公演があることを聞きつけてきたんだか全くわからない、関係者のうちの誰の知り合いでもない、公演がなければ全く接点のないお客さんが結構多くて、まあ、それは劇団をやっていれば当たり前だろうと思われるかもしれませんが、私は友達があまり多くはなく、また各地に散らばったり家庭の事情などで観劇に気軽に来られない方も多かったりするので、ぶっちゃけ観客動員数はあまり多くはないのです。
それでもやっぱり、公演を続けるたびごとに新しい出会いはあるし、見つづけてくださる方がたくさんいらっしゃる、という事はとてもありがたいことで、作り手の活力になります。
こないだオーラの泉で綾戸智絵さんもおっしゃっていましたが、演者というものは結構お客様の事を覚えているもので、
「以前よく来てたあのおばちゃん、最近見ないけど、元気かなー」
とか思ったりするものなんですよ。
そんな風に演技者もスタッフも、結構観客の事は気に留めているものなので、アンケートがある公演は是非、何か一筆残して帰られると作り手は大変嬉しいものです。

まあそんなわけで、私が客席に座りつづけることで、梅垣さんに少しでもパワーを送れたらいいな。という思いで、私はいつもドレスアップしているわけです。

エゴイストの公演も梅ちゃんの公演も、これを読んでくださっている貴方の生活も、全てが良くなりますように!
スポンサーサイト

マチネとソワレ。

今回、複数の人から、
「マチネとソワレの意味を教えてください」
というお問い合わせを頂きました。
マチネ…昼公演
ソワレ…夜公演
という意味です。
書くならもっとわかりやすく「昼の部」「夜の部」とか書けば良かったですね。お客様にはわかりやすくしたいのに、ちょっと反省。
昼の部も夜の部も、内容は同じです。
今までの傾向としては、初回はお客様の反応がわからないので緊張感ある舞台、土曜夜はお仕事帰りのお客様や夜型の皆様とじっくり、日曜はこれで最後、という妙な開放感と共に…という公演になるのではないかなと予想しております。
ご予約ガンガン受付中!「行きたいけど、ホントにいけるかどうか当日になってみないとわからない」という方も、遠慮なくご予約メールくださいませ。また、ご予約くださったお客様、同伴された方ももれなく前売料金でお入りいただけますので、ご家族お友達、お誘い合わせの上お越しくださいませ。

今回の会場はエゴイストにしては客席は広め。椅子を置いてみないとなんともいえないのですが、40席くらいは置けそうな雰囲気で、エゴイストが今までやってきた会場を考えると、トップハットに次ぐ広さでございます。
是非、たくさんのお客様に見届けていただきたいです。よろしくお願いします。

A嬢よりその2。

A嬢より、スタッフの目から見た今回の公演について、さらに語ってもらいました。
もしかしてネタばれ気味かも?というところは「続き」に入れておきますので、お好みでどうぞ!
それではA嬢、よろしくお願いします!

※※※※

私は演劇素人なので、お芝居のできていく過程ってまだよく分かっていなくて、なんていうか、お稽古の一番初めって、あるのはただのテキストの本だけなんです。声もない音もない明かりもない。私にはとても、テキストから舞台を想像することなんて無理なのです。そこからどこをどう見せ場にして盛り上げるのかというのは、かなりお稽古が進んでからでないと分からないのです。
 しかし、お芝居がもう完成に近づいてきて、音楽が決まり照明案も出来てきた現時点でなら、ここが見せ場だ~って場面はいくつか挙げられます。個人的なお気に入りシーンはここだ~!

続きを読む »

佳境。

昨日は祝日だったので(お仕事の方も何人かいらっしゃいましたが)、比較的じっくりとお稽古出来ました。
役者全員分の出番の稽古も出来たし、場面転換などもそれなりに詳しく出来ました。
場面転換は、ちょっとしたところなんですけど、そこで公演全体がかっこ良くなるかならないかが大きく分かれてしまったりするので、エゴイストでは大事にしているところであります。
衣装もつけてやってみました。
バラエティに富んでいて、おもしろいです。華やかですよ。
「お芝居って、なんか、理屈っぽくて難しそう」って思ってる方にも、うちの芝居を見て、「あ、こういう世界もアリなのね」って思っていただけたら嬉しいです。
小品集、とはうたっていますが、なかなか盛りだくさんで、見所満載です。
年度末、年度開けのお忙しい中とは存じますが、是非ご来場ください!

衣装部より。

今回は時々このブログでも触れている通り、手の込んだ衣装が登場します。
制作物は大きく言って3点。
なんとか2点が終了しました。
まだ役者さんに来てもらっていないので、確定ではないのですが、トルソーに着せてちょっと風を送ってみてはためく様が人間らしく見えたときがやめ時、ということで、稽古で役者さんに着てもらえるのが楽しみです。
残るは大作があと一点。
うちの公演は、衣装に注目してくださるお客様が多いのですが、今回はエゴイスト十二年の歴史の中で一番手間ひまかけた作品(もはや衣装担当の中では「作品」です)がクライマックスで登場します。
そちらも是非お楽しみに☆

今回の見所 by A嬢

エゴイスト旗揚げ前よりずっと高橋の芝居を応援してくれ、「それらの夏の日々」よりスタッフ参加、「目出し帽の少女」黒子メイドを経て今回は照明オペを担当するA嬢に、今回の公演の見所についてコメントを寄せていただきました。

※※※※※※※

エゴイスト第12回公演「春の小品集~百年経ったら~」

今回の公演はエゴイスト初出演の役者さんも多数加わりました。
繊細で美しいストーリー達を、花束のように束ねてお送り致します。
全てがまるで夢の中での出来事のよう。
夢の世界って、現実世界ととてもよく似ているようで、微妙に違いますよね。
時々、唐突にあっけなく残酷な出来事が起こったりしますよね。
まるでそんな夢のような、幻想的な世界をお楽しみ頂きたいです。

※※※※※※※

とのことです。
見慣れたあの役者さんがエゴイストの舞台で見せるまた違った表情を、是非ご覧頂きたいと思います。

ボランティア研修。

図書館のボランティア研修に行って来ました。
私の担当は障害部会。
目の不自由な方向けに朗読のサービスをしたりします。
一年間、楽しく活動できたらいいな、と思っています。

ポーション。

稽古が終ってから、何人かでポーションを買いにジャスコまで行きました。

みんなHP回復してくださいねー。

お稽古はラストシーンなども出来上がってきて、なかなかいい感じです。
エゴイストらしさと新鮮さと、両方がある公演です。
エゴイストならではの「春爛漫」な世界、どうぞお楽しみに。

カルディー青森店あらため。

おおはし珈琲がオープンしましたよ。
12日までオープニングセール中。

コーヒー豆半額(一部除外品あり)

その他商品10%オフ

とのことです。
営業時間は午前10時~午後7時まで
場所は古川の空間実験室、元の文化屋雑貨店とのことです。

お店のご紹介でしたー

いいですよ

昨日の稽古は、役者が8割方揃いましたので、通せる分通してみました。
いいですよ。
役者も20代前半から30代、40代と幅広いですし、皆さん芸達者です。
演出としては、もう、皆さんにどんどんのびのびとしていただくことと、限られた時間の中少しでも多く稽古してもらって、セリフを体内に租借してもらうことですね。

ネットでのチケットご予約、開始しました。
ご希望の方は公演日(八日昼、八日夜、九日昼)の別、お名前、枚数、一般・学生の別をエゴイストまでメールくださいませ。
プレイガイド発売は週明けの予定です。
初めての会場。
エゴイスト初登場の役者。
夜なべしても夜なべしても一向に出来上がらない衣装。
真新しいパンチカーペット
など、見所も満載です。
是非!ご来場くださいませ。

念願の

図書館のボランティアを一年間やることになりました。
研修にいってみないと担当が何になるのかわからないのですが、希望は、目が不自由な方に向けての朗読サービスをやりたいと思っております。
楽しんでやれたらいいなと思っております。

現在鋭意チケットとDM作成中。来週発売予定です。よろしくお願いします。
 | ホーム |  page top