プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もありがとうございました。

劇団の稽古は昨日で納めました。
次回公演の道筋をつけて、来年のざらっとした企画を練ってみたり。

今年は、劇団にとっても、大変有意義な年でした。
がっちりとした屋台骨もでき、新しい出会いもあり、作品も2本、上演出来ました。久しぶりによその劇団に客演もいたしました。

来年も、できることからコツコツと、楽しんでやっていきたいと思います。
皆様、今年一年、大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

よいお年をお迎えくださいませ。
スポンサーサイト

友部さんのライブ。

こないだの日曜日、小雪組の次の日は友部さんのライブでした。
前夜の小雪組の打ち上げはもちろん日付けが変わるまで飲んでいて、わたしもとても珍しいことにお酒を飲んで酔っ払ったので(普段ほとんどお酒を飲まないのですが、クエン酸サワーというのが美味しくて、全部で4杯だか5杯だか飲んでしまいました)、ライブの朝は生まれてはじめての二日酔い。頭痛と、地面がふらふらする感じ。そんな足取りで、会場の林語堂までPAと照明機材を運びに行きました。
セッティングした会場はこんな感じ。
tomobe01.jpg

本に囲まれた、素敵な空間です。
ここで朗読ライブなんかやれたらいいなあ…と思ったのですが、来年はもう、本だらけで舞台をするのは不可能、とのこと。残念!

肝心のライブは、多分、とてもよかったのだと思うのですが、受付という立場上、全体の進行が滞りなく進むように気を配るのに精一杯&未就学児の動向に注意する(主催のOさんの息子さん。ライブの日に6歳になりました。)などで、まったくリラックスしては聞けませんでした。
でも、あたたかくて、いいライブだったと思います。
今回のライブでは、弘前や、遠く仙台からも駆けつけてくださったお客様もいて、この雪の中、ありがたい気持ちでいっぱいです。

打ち上げはOさんのお宅で。
お誕生ケーキを囲んで、みんなで歌ってトムくんの6歳をお祝いしました。

今回は受付が二人体制だったので、申し送りがうまく行かず、精算で苦労しました。何せ帳簿も残高も両方が合わなかった。友部さんが冷静で理路整然と答えを導き出してくださり、ありがたかったです。おかげで問題は解決しました。これからはもっときちんとやります!

また来年、お会いできるのを楽しみにしております。
よいお年を~!

公演を振り返って。

小雪組解散公演「女の歳時記~完結編」無事終了いたしました。
寒い中、2回ともほぼ満席の状態でした。ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。立ち見で不便な思いをおかけしたお客様、申し訳ありませんでした。

個人的には主題はともかく、「わかりやすい台本」とはいえない内容だったと思うので、どこまでお客様に受け止めていただけるか、と大変心配だったのですが、あたたかく観てくださったお客様が多く、感謝しています。
90年生きてきたおばあちゃんが天寿を全うする話、ということで、大家族で育った方や、自分の親を同じように喪った方、そんな方たちの心に訴えるものがあったのかもしれません。どちらかというと50代以上の、大人の方に好評だったのではないかと思いました。

暗転が多すぎ、というご指摘もありました。
その通りだと思います。
それ以外にも今回の公演には多くの課題、問題点があると思います。
キャスト、スタッフ、それぞれの思いもあれば、作、演出の思いもありますし…。どこに接点を見出すのか、ということには全員が苦労したのではないでしょうか。
メンバーは自分の思っていることをどんどん言う。
演出はメンバーの思っていることを自分から積極的に引き出す。
しかもその作業を居酒屋ではなく、稽古場でする。
そういう作業がもっともっとあれば、より密度の濃い稽古にできたのではないでしょうか。

ともあれ、スタッフの皆さんは、暗闇の中を手探り状態でよくあれだけ働いてくれたと思います。
今後、新たに劇団を旗揚げする動きもあるようですが、お客様の貴重な時間とお金をいただいて公演をさせていただく者として、できることは何か、しなければならないことは何なのか、私自身も自問自答しながら、エゴイストの次回公演につなげたいと思います。

今回の公演で新たな出会いもありましたし、スタッフとして参加していたエゴイストのメンバーとの結束もより深まったと思います。
私の役を気に入ってくださった方も何人かいらっしゃるようで、ありがたいです。
…エゴイストも見に来てねー!!!
夜公演をご覧になった友部正人さんが
「康子さんに似てると思ったら、康子さんだったんだ」
とおっしゃっていました。

あ、友部さんから何個か質問されたので、書いときます。
「あの役(死神)は、自分から希望するの?頼まれるの?」
→作・演出の人から頼まれました。
「ああいう役をやったら、残ってしばらく引きずるんじゃない?」
→いいえ全く。
 ちなみに衣装は自前でした。

小雪組では夏の終わりに思わぬアクシデントがあり、公演が延期になる事態がありました。
本当に、命あっての、健康あってのものです。
あの事故を「神の啓示では」とおっしゃる人も何人かおりますが、その啓示から何を得て、どう活かしていくかは自分自身にかかっています。それぞれができることを、それぞれがんばっていきましょう。

ご来場いただいたお客様、公演を支えてくださった皆様、共演者の皆様、そしてスタッフ、ありがとうございました。

さて、エゴイストがんばるぞ。

05121702.jpg

本番迫る。

いよいよ今度の土曜日、小雪組の本番です。
場所は文化会館の5階会議室です。
お間違えなきよう。
忘年会シーズン、他劇団の公演とも重なり、集客がちょっと心配です。

小雪組の翌日の友部正人さんのライブも、是非是非よろしくお願いしまーす。

ギャラリーパリス。

昨日は新町のギャラリーパリスにお邪魔して、こぎんざしと菱ざしの展示を拝見しました。
このギャラリーは少し前にもこのコーナーで紹介したかと思いますが、新町通りのHISという旅行会社の入っているビルの5階にあります。
なかなか素敵な空間なので、いずれここで何かできたらなあと思っております。
オーナーのご好意でギャラリーの裏も見せてもらいました。楽屋に相当する場所には水場もお手洗いもあり、とても快適そう…。
「自分の家だと思ってください」というお言葉まで頂き、感激。
たくさんの方にこのギャラリーを使って頂いて、盛り上がるといいなあと思います。
会場を下見してみたい、という方、ギャラリーの連絡先を知りたい、という方、お気軽にエゴイストまでメールくださいませ。(リンク先から劇団のサイトに飛んでください)

ダビング。

「目出し帽の少女」と「それらの夏の日々」の映像を、DVからVHSに落としてます。
観たい!という方、もしいらっしゃいましたら、実費にてお分けいたしますので、リンクからエゴイストに飛んで、劇団の方にメールくださいませ。
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。