プロフィール

エゴイスト

Author:エゴイスト
青森市で活動する劇団エゴイストの代表高橋康子と、時々その仲間たちが綴るよもやま話。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

次のステージです

12月もライブ出演があります。歌を歌います。何を唄うのかはまだこれから。

スミヨシタケシ企画
「ムレズ、ツルマズ、愛ヲ歌ウ 27」
12月16日土曜日

開場19時
開演19時30分
終演21時30分

青森市・観光通り「サブライム」にて
(みちのく銀行本店のななめ向かいあたり。緑色の看板が出ています)
017-773-0377

出演
・ハセガワギター
IMG_0250.jpg

・高橋康子(劇団エゴイスト)
IMG_9800.jpg

・スミヨシタケシwithハニーイシバ
IMG_0779.jpg


前売・ご予約1200円
当日1500円

(共に1drink別)

去年の初夏から遅ればせながらサブライムに通い始め、ライブ出演するようになり、楽器を弾いてもらって歌を歌い、今年に入ってからは自分で作詞をしたり作曲をしたり、色々と活動の広がった一年でした。
来年のライブ活動はまだ何も決まっていませんが、機会があればまた来年も歌わせていただければ嬉しいです。

ご予約は劇団エゴイスト(koume_egoisteアットマークyahoo.co.jp)までメールにてご連絡いただくか、サブライムにお電話、ダイレクトメール、各出演者への連絡などでお願いします。

ハセガワギターさんのツイッターアカウント→https://twitter.com/hasegawaguitar
ハニー石場さんのツイッターアカウント→https://twitter.com/honeyishiba
※スミヨシさんはSNSをやっていません

スミヨシタケシwithハニー石場はその前にもう一本ライブがあります。

12・02(土)

「ムレズツルマズ、愛ヲ唄ウvol.26」

@ロックバーあとらん
※善知鳥神社近く。市民美術館の裏隣の建物の階段を上がった二階です。

出演
スミヨシタケシwithハニーイシバ

開場20時
開演21時

お店でなにかワンドリンク以上の注文をしていただき、ライブを気に入ったら終演後演者に投げ銭をしていただく、というシステムです。
生音生声でアットホームな感じすが、その分演者もリラックスして臨場感のある演奏になると思いますのでぜひお気軽に足をお運びください。こちらはご予約不要です。
スポンサーサイト

次回出演予定

次回出演予定です。

8・30(水)「サブライム 水曜カレーでショー」にて

「ムレズツルマズ、愛ヲ唄ウvol.24」

@青森サブライム1F
017-773-0377

開演20時00分(終演は21時30分頃を予定しております)

カレーと2ドリンク(お酒もソフトドリンクもあります。ホットコーヒーもありますよ)つきで1700円

出演
・スミヨシタケシwithハニー・イシバ
・高橋康子(劇団エゴイスト)

第一部 スミヨシハニー
第二部 康子&スミヨシハニー
第三部 スミヨシハニー
の三部構成です。
「ムレズツルマズ、愛ヲ唄ウ」はスミヨシタケシさんの自主企画の名前です。
P1220669.jpg

スミヨシさんのギターボーカルに、ハニー石場さんのウッドベースが加わり、3人編成での「ムレツル」となります。
スミヨシさんと出会って4年ほど、ここ一年ライブでの対バンやエゴイスト企画での共演等大変お世話になったスミヨシさんの企画についに康子が出演させていただけることになりました。
本番何曲ご披露できるかはこれから3人で音合わせをしてから決定しますが、現在お稽古しているのは去年やった昭和歌謡や定番のタケシ康子デュエットから、初挑戦の美空ひばりや懐かしの童謡をおしゃれなアレンジで、果ては作詞作曲高橋康子の曲まで多彩です。リラックスして、力まず楽しんで歌えたらいいなと思っております。
この一年サブライムを中心にいろいろな場所で歌中心の活動をしてきた活動があっての「いま」のエゴイストの姿を是非ご一緒に見届けていただければうれしいです。ご来場お待ちしております。
IMGP8329.jpg


チケット販売はありませんので当日直接会場にお越しになり、1700円お支払いください。
カレーはタイスタイルのグリーンかレッドカレーになります。カレーは不要、という方にはスモークドミックスナッツに変更可です。
ご予約は特に必要ありませんが、カレーをご用意する目安になりますので、「行く」という方は28日くらいまでにサブライム(017-773-0377)いただくか、こちらにコメント、劇団エゴイストへメール(koume_egoisteアットマークyahoo.co.jp)などをいただければありがたいです。「行くよ」とご連絡いただけるのは演者の励みにもなりますので☆

サブライムの場所は青森市観光通り、みちのく銀行本店の斜め向かいあたりです。営業中は大きな瓶ビールの看板が光っています。椅子席でゆったりお酒を楽しみながら楽しめますので、ライブハウスって体力いりそうで不安…という大人世代の皆様も安心してご来店ください。
IMGP8492.jpg

終了しました。

Ripple on stage vol.2
ならびに
園田郁実さんご出演サブライム「第60回水曜カレーでショー」
無事終了いたしました。
寒い中ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。
康子的今回のテーマは「人と関わる」ということでした。
たのしく充実した舞台となり、今後につながっていけばいいと思います。
今回は写真の撮影を佐井新太郎さんにお願いしました。


IMGP7813.jpg
IMGP7774.jpg
P1220598.jpg
IMGP8510.jpg
IMGP8492_45.jpg
IMG_8325_45.jpg
IMGP8170_45.jpg
サブライムに出てくれたコスモスのメンバーも含めて、今のエゴイストを支えてくれる人たちと舞台を作れて、ほんとうに嬉しかったです。
康子は次の予定はまだありませんが、痛めてしまった膝の養生をしながらしばらくのんびり過ごして疲れを癒しつつ、またサブライムをはじめどこかの舞台にゆるゆる立っていければと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうござました。

次回公演のお知らせ。

次回の舞台です。

劇団エゴイストプレゼンツ
Ripple on stage vol.1

2016年1月27日 水曜日 
開演 夜7時30分(開場は開演の30分前です)
青森市・アウガ5階AV多機能ホールにて(青森駅の近くです)

入場無料

カダールフェスタ参加企画

出演
高橋康子
灰色少女
コスモス



3年ぶりにカダールフェスタに参加させていただくことになりました。
アンプラグドのコスモスのサウンドに乗せて、
朗読をしたり、歌を歌ったり、舞台の上をうろうろしたりします。
いわゆる「演劇の公演」ではありませんが
純然たる「音楽ライブ」ともいいきれない
これから先の少しだけ未来のことを事を見据えた
わたしたちの「いま」
が映し出されるステージになればいいなと思っています。

私のパートに関しては、
「もし音楽が出来たら、こんなことやってみたいなー」
と夢に描いていたあれこれを、みなさんに具現化してもらってとにかく舞台に乗せてみよう!とただいま何曲か練習中です。

いわゆる「エゴイストらしさ」と、新たな息吹が加わることによるケミストリー。
稽古して実現可能にするための具体的な何かから不確定、予定外、予想外のなにかまで、楽しんでつとめられたらと思います。

上演時間は一時間弱を予定しています。

歌とことば、そして生演奏による不思議な夜会へ、是非お越しください。IMG_2306.jpg

百花の宴

気づけば一ヶ月近くも経ってしまいましたが、無事に東京に行ってまいりました。
09IMG_1066.jpg
はじめての浅草、雷門。活気がすごくてお祭りみたいでした。また今度ゆっくり行きたいなー。

今回の旅の目的は、
昨年6月に亡くなってしまった速瀬れいさんの追悼ティーセレモニー「百花の宴」に出演させていただくこと。
人形作家であり、女優、モデルとしても活躍中の由良瓏砂さんにお声がけしていただきました。
ろぅささんとは速瀬さんが主催していた文芸誌「Ripple」などを通じて知り合いました。
現在は、神秘幻想的演劇ユニット「MONT★SUCHT」(モントザハト)主宰として、精力的に活動を展開されており、速瀬さんの作品の舞台化にも取り組んでくださっています。

06sWAQD.jpg

右側が由良瓏砂さん、左側が相手役の神崎悠雅さん。とても絵になるおふたり‥。
こちらは速瀬れいさん作の「百花の宴」が終わり、カーテンコールをするところ。
このほかに瓏砂さんがソロで「蛍硝子」(エゴイストでも何度か上演しています)の朗読を。
そして高橋康子は「のちの雛」を演じさせていただきました。

01BjPeMqlCAAAm0nz.jpg
当日の舞台セットはこんなかんじ‥。
0231c72eb7.jpg
真夜中の朽ちた秘密の実験室。
屋根裏の散歩者がのぞき見たものは一体どんな夢だったのでしょうか。
とても大掛かりで、凝っていて、素晴らしい設営でした。

会場は東京、浅草橋の「パラボリカ・ビス」というギャラリーです。
「夜想」といういつもとても素敵な特集を組まれている本があるのですが、そこの編集局でもあり、お店でもあり、耽美で美しいものやちょっと不思議なものの展覧会や表現ライブなどをする場所で、この3月は、速瀬さんともとても親交の深かった漫画家、長田ノオト先生の個展を一ヶ月まるまる開催、そして週末ごとにいろいろなイベントを開催し、総監督の瓏砂さんと「MONT★SUCHT」の皆さんは本当に大活躍。大変だったと思いますが素晴らしい個展、イベントでした。おつかれさまでした。

03Bi25NuaCcAAmVzG.jpg

百花の宴では、速瀬さんと古くからの顔なじみで、東京・神田にかつてあった伝説のギャラリー、「デルタ・ミラージュ」で喫茶を担当されていたティーブレンダーの熊崎俊太郎さんが素晴らしい紅茶の数々をご披露してくださいました。熊崎さんは紅茶の世界では「紅茶王子」「紅茶の貴公子」と呼ばれて、ますますご活躍の場を広げられているそうです。

04Bi22o1-CQAEzaPn.jpg
速瀬さんの肖像にティーソーダで献杯。(熊崎さんの写真をお借りしちゃいました)
速瀬さんのこの美しい写真は遺影でもあったそうです。
ちなみにこちらのいでたちは結婚式‥ではなくて、ミュージカル「エリザベート」より、鏡の間から登場する皇后シシィの様子です。このミュージカルのなかでもひときわ美しく豪華な衣装で、
「私の人生は私だけのもの」
と、ハプスブルグ家に嫁いで皇后となっても、決して王家おとなしい人形にはなろうとせず自分の誇りを貫いたエリザベートが大変に美しい名場面です。

要するにコスプレですよコスプレ!!
もう、ほんっとにお茶目さんなんだから!!


速瀬さんからは歌舞伎や宝塚や、ほんとうにいろいろなことを教えていただきました。
速瀬さんの知識量や思いやり、優しさ優雅さというものには私はあと50年程度では到底追いつけないとは思いますが、おしえてくださったことや預けてくださったことを、今後ゆっくり勉強していけたらと思っています。

05Bi2bCnaCIAEsbIF.jpg
神崎さん撮影。紅茶のハイライト「蛍硝子」。
朗読会のラストに披露された「蛍硝子」。
速瀬さんが生きているうちに最後に出版されたのがこの作品となりました(発表自体は1992年ごろです)。
それにちなんで熊崎さんが特別に作ってくれたのがこちら。
ルネ・ラリクのオパルセントグラスの仄青い儚さ妖しさが、見事に表現されていました。
そして、とても薫り高いやさしい味がしました。

08IMG_0976.jpg
どくんご界隈からはまほちゃんとりーさんが来てくれましたよー!!

速瀬さんが亡くなってしまったということをまだまだご存知ない方々もたくさんいらっしゃる様子で、終演後に「えっ、追悼会?」というツイートをされている方もいらっしゃいました。
また、今回のセレモニーを通して、はじめて速瀬作品にふれた、という方もたくさんいらっしゃったと思います。
速瀬さんの肉体なり存在なりがこちらにあるのかあちらにあるのか、ということはひとまずおいておいて、
こちらに遺されたものができることは速瀬さんの作品をつなげていくことだと思いますので、
私も微力ながら、今後とも今までどおり、速瀬さんの作品を皆さんに紹介していければなあと思っております。
11IMG_0988.jpg
 | ホーム |  » page top