FC2ブログ

玉三郎・仕事の流儀

NHKで数年前に放送された
「プロフェッショナル仕事の流儀・坂東玉三郎」
のDVDを見ているところです。
何度見ても見飽きません。
前みんなで見たとき、
「遠くを見ない、明日だけを見る」
「遠い目標を立てて、実現しないと残念なので、明日だと残念さが少ないかなって」
っておっしゃる玉三郎さんを見ながら、かんちゃんが
「なるほどなー」
ってうなってました。

歌舞伎はまだまだ詳しくないのですが、はじめて玉三郎さんの「鷺娘」をテレビで観たとき、
その美しさ、儚さ、切なさ、気高さに打たれました。

それまで歌舞伎の言葉はわからないから…と敬遠していたのですが、

妄執の雲晴れやらぬ おぼろ夜の
恋に迷いし わが心

と始まる舞台を見て、あれ、意味わかる。日本語ってなんと美しいんだろうと思いました。
バレエで言うと、瀕死の白鳥とジゼルのような…。
悲しいけれど美しい恋の思い出と、過ぎ去っていく若さ。

あまり意味がわからなくても、テレビで歌舞伎や日舞がかかっていると、とりあえずとるだけとっておいて、たまーにかけ流しておいて、じっくりは見なくても繰り返し部屋の中で再生していくうちに、少しずつ楽しみ方がわかりかけてきたような気きもしています。



それにしても青森市内、ものすごい雪ですね。
毎日の生活とお仕事と雪片付け、皆さんほんとうに大変だと思いますが、車の運転や落雪事故などに気をつけつつ、お健やかにお過ごしくださいませ。
スポンサーサイト

寺山関連。

現在、青森県立美術館では寺山修司展開催中。
ということで、成田本店しんまち店でも、お店の入り口付近で寺山特集やってます。
私はそこで「天井桟敷の歌姫」蘭妖子さんの「寺山没後20周年アルバム」サマータイムと、今さっき1983年収録のビデオ「毛皮のマリー」買いました。
もちろんマリー役は美輪さんです。
毛皮のマリーのビデオは、ネットで検索してみたのですが、現在は入手困難な貴重な品物のようです。
お値段は4900円。
まだまだビデオデッキ現役!で寺山ファン、美輪さんファンの方は是非いかがでしょうか。今晩これから観ます。とりあえず店頭にはあと2本並んでいます。
蘭さんのアルバム「サマータイム」もよかったです。聴きこむほどに味わいが出て。
没後10年の時に出たアルバム「惜春鳥」(せきしゅんちょう)もすごく良いですよ。今日行ったら数日前から2枚売れて、残り一枚になってました。惜春鳥は「田園に死す」に使われていた歌とか、たしかレミングの曲だったかしら?「世界の涯てまで連れてって」など、名曲ぞろいです!興味のある方は急いで!買って損なし。

昔、青森では5月になると「寺山修司祭」というのをやってまして、私も少しだけだびよん劇場でお手伝いをさせていただいたり、想い出があります。
没後10年祭の時、蘭さんが五拾いち番館でライブをしてくださいまして、そのとき私は長内真理先生のダンスに出していただいてオープニングアクトをつとめさせていただきました。
打ち上げで蘭さんはとてもやさしく声をかけてくださいまして…。懐かしい思い出です。あれから15年経つわけかあ。遠い目。

俳優祭☆

お昼の歌舞伎入門。芸能花舞台(リクエスト企画でスタジオ収録の鷺娘でした♪)をビデオにとったあと、昨日の美の壺、それから芸術劇場で放送された「俳優祭」を見ています。たった今白雪姫が入ったところ。何度も何度も繰り返し楽しみます♪録画できてよかった☆☆

オリヴィエvsガルボ。

こないだ借りたDVDは、ローレンスオリヴィエのハムレットとグレタ・ガルボのアンナカレーニナがひとつのタイトルに入っている2枚組で、レンタル料クーポン提示にて半額でしたので、一本60円で見れる計算でした。
お得お得…

最近観たDVDとビデオ。

ちょこちょこっと観るようにしています。
最近観たものは…

いまさらですがキルビル。
マイヤプリセツカヤのドキュメント。
アステアのカッスル夫妻。
そして昨日は

トラック野郎 ご意見無用

を観ましたw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。